カイセツジュギョウのススメ(増田担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2017年 9月 19日 カイセツジュギョウのススメ(増田担任助手)

どうも〜!

なんだか最近気づいたらどんどん前髪が減っていき焦って前髪を作り直した、増田です、はい。

今回のテーマは『模試の活用方法』です

みなさんもちろん模試前本番当日模試後全てに全力を注いでいると思います。

では例として、私が一番力を注いでいた模試後の過ごし方について紹介させて欲しいです。参考にしていただきたいです。

 

私にとっての復習っていうのは、もう一度解いたときに100点満点取れるくらいやること。そう決めていました。

そのためにも解説授業の有効活用をお勧めします!

 

本番の日、帰ったらまず自己採点をします、よね? その日のうちにしっかり復習していますか?時々、解説授業を利用するため解説授業がUPされるまで軽くしかやらない、なんて生徒を見かけます。

甘ったれんなぁぁ〜!!

自分で解説をしっかり読み込み、何が違ったか,考え方はどこまであっていたか,を自分で見つけていくことが大切だと思います。自己採点をしただけの状態で解説授業を受けると、一方通行の授業になってしまいます。さぞboringですねェ。

事前に自分でしっかり復習していると、疑問点や納得点を自分の中で持った状態で授業を受けることになります。それにより単調に授業を受けることなくしっかり授業に参加して学習することが可能になります、素晴らしい〜!

 

自分でしっかり回答解説の冊子を読み復習完璧にしたので解説授業受けなくてもいいですか〜?

なんてboys&girlsが出てくるかもしれません。

私も分野によってはそう考えるときもありました。でもでも参考までですが私なりのいいやり方を見つけました!

自分が得意な分野や読めていた長文問題の解説授業などは、ご飯食べながらや電車のなか、歯磨きの最中などを利用して受ける作戦です!!最低でも問題と赤ペンは持っているようにして、ご飯食べながら受けてて長文中の成句の言い換え例をあげてくださった時に、すかさずそこをメモったりしていました

 

私の場合ですが

英語の場合→本文に載っていない言い換えの例・前置詞が違うver.の例・多義語

数学の場合→違う公式を使ったやり方・逆に、解答からの証明・二次試験の筆記に向けた思考の流れ

生物の場合→違う視点から見たときの比較の仕方・具体例や二次試験に出るような知らなきゃ解けない問題の例

など、得られると思います。

 

自分で、人より多く情報を得られるよう探っていきましょう!

 

 

残り、数少なくなってきた模試ですが、ベストを尽くしていきましょうネ

錦糸町校の担任助手みんなで応援しています!これから楽しくなってくる頃です!

 

一年担任助手増田