三段構え(佐藤担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2018年 5月 31日 三段構え(佐藤担任助手)

どうも、こんにちは、いい感じに日焼けがしたい佐藤です。

さてさて、皆さん定期テストはどうでしたか?

定期テストに対しては課題もあるので勉強する人が多いでしょう。

それはもちろん素晴らしいです!

継続しつつ、ただその一方で模試に臨むみなさんの姿勢はどうでしょうか?

模試も当然ながらいい点数を取ろうと思えば準備が必要です。

その準備として

その1. 相手を知ろう

テストというものは傾向があります。

なので傾向を知れば、その時点でアドバンテージにはなります。

その2. 目標得点を決め、得点配分を決めよう

ただ漠然と120点取ろう、ではなく、

大問1で10点、大問2で30点、、、などのように自分の得意分野などを考慮した上で、かつ実現可能性も加味していきましょう。

その3. 演習しよう

練習すれば人はある程度できるようになります。

練習しなければ望む結果を手に入れることは難しいです。

決して過去問をやれっ!!と言うわけではありません。

今手元にあるもの、それをしっかりと有効活用すれば確実に練習にはなります。

自分で考えるのが難しいと思うのであれば声をかけてください。

その手助けをするために我々はいます。

さあ、簡単に言えばこの3点は模試を受けるにあたって事前にやっておくべきことです。

そしてもちろんメインになるのはその3の部分です。

今やっていること、東進のであれば受講なり、高速基礎マスターなり、たくさん役立つものはあります。

確固たる自分に使い方を確立し、ぜひ結果を出せるようにしていきましょう!

錦糸町校 担任助手2年 佐藤 太梧