世界的視野をもった市民的エリート(山本担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2017年 6月 14日 世界的視野をもった市民的エリート(山本担任助手)

こんにちは!山本です。

今回は僕の大学や学部について話したいと思います!

そもそも僕は、東京大学に通わせてもらっています。

そんな東京大学では、「進学選択」というものを経て、初めて学部に所属します。

しかも学部に所属するのは3年生になってから、、!

「あれ1,2年生のときは、、?」

こんな疑問を持つ人もいると思います。

東大では1・2年の間、学部にほぼ所属していない状態で、文・理の垣根を越えた勉強をします。

「なぜ、こんなことをするのか」って?

東大のアドミッションポリシーの一節にはこのような記載があります。

(東京大学アドミッションポリシーより抜粋)

(前略)

…世界的視野をもった市民的エリート」(東京大学憲章)を育成することが、…

(中略)

…のため,東京大学に入学する学生は,健全な倫理観と責任感,主体性と行動力を持っていることが期待され,前期課程における教養教育(リベラル・アーツ教育)から可能な限り多くを学び,広範で深い教養とさらに豊かな人間性を培うことが要求されます。…

(後略)

つまり、興味のある科目を勉強したいだけ勉強できる

(多少の制限はありますが、、、) 

ちなみに!!

キャンパスも広く自然豊かなので、

ゆったりとした環境で勉強できます!!

「何言ってんの、、」という方は、

是非、東進ハイスクール錦糸町校の受付にいる山本まで。 

より詳しくお話しします!!

担任助手2年 山本豪