全てが比率(佐藤担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2017年 12月 1日 全てが比率(佐藤担任助手)

こんにちは!佐藤です!

いやいや早いものでもう12月ですね。

自分が受験したのもまだこの前のような気がします。

受験生はあと一踏ん張りです。

ここで踏ん張れるか、が勝負の分かれ目ですよ!

今回はみなさん悩むであろう、この時期のセンターと二次私大の過去問の比率。

ぶっちゃけ、人それぞれです!

私の場合は、センター過去問をすでに7月の段階である程度やっておきました。またこのくらい取れるだろうという目処も立ってました。

そして二次の方が配点が大きいということもあり、12月でも二次:センター=8:2くらいでした。

1月に入っても5:5くらいであったかと思われます。

このような戦術もありだと思います。

1番怖いのはセンターボケというのもありますが、センターの重要性を勘違いして臨むことです!

私のはあくまで一例に過ぎず、自分の場合はどうかをしっかり考えてください。

センターは多くの人が受ける最初の本番かと思います。

そこで上手くいくか、いかないかはのちを左右するかもしれません。

自分がどういう性格で、何点取りたくて、そのためには今何が最も必要なのか。

この点を十分に考えた上でまずはセンターまで取り組みましょう。

焦らずに今こそ冷静に取り組めた人が最後には笑えるはずです!

錦糸町校 1年担任助手 佐藤 太梧