全国統一高校生テストに向けて~高12生編~(松井) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2017年 10月 26日 全国統一高校生テストに向けて~高12生編~(松井)

こんにちは!錦糸町校の松井です!

本日は全国統一高校生テストに向けて高12生に伝えたいことを書きます。

全国統一高校生テスト楽しみですね!

10月29日に実施されます。

全国統一高校生テストはセンター試験と同じ形式、同じレベルで行われます。

そして、全学年共通の問題を解きます。

なぜ、センター試験と同じ形式、同じレベルの問題を高12生も解くのか。

それは、センター試験レベルは高2の1月までに完成させなければいけない受験勉強の基礎だからです。

センター試験レベルのあとにはそれよりも難しい

国公立大学二次試験、私立大学一般入試の対策が必要になります。

その対策には最低1年間はかかります。

そのために、10月にしっかりとセンター試験レベルにおける、

自分と志望校との距離を把握しておく必要があります。

そこから自分の弱点を分析し、対策を立てることで、

高2生は3か月後、高1生は1年3か月後の目標突破につながります。

その中で注意してほしいことが1点あります。

時間配分です。

センター試験は時間との戦いです。

時間配分の戦略をしっかり立てて臨みましょう。

(大問1は5分、大問2は10分…など)

なぜか。

模擬試験は、受験後の分析とその後の対策が一番大切だからです。

時間が足りなくて終わってしまうと、その大問が苦手なのか、

時間がないから取れなかったのかが分からなくなってしまいます。

それを防ぐために時間配分の戦略をしっかりと立てましょう!

迷ったときはこの番号!と決めても良いと思います。

私は受験生時代迷ったら「4」にマークしていました。

(二択で迷ったら後ろの選択肢にしていました。)

全国統一高校生テストをMAXに生かすためにも、時間配分は大切にしましょう。

錦糸町校 松井紹凱