受験で唯一許されたカンニングペーパー!?(山本担任助手編) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2017年 10月 20日 受験で唯一許されたカンニングペーパー!?(山本担任助手編)

こんにちは、山本です!

 

東進では、12月から、

高校1,2年生が新学年として、

新たに決意を固めます。

 

なぜこの時期なのか。

それは、受験本番の開幕戦、

センター試験のちょうど1年前だからです。

 

そこで、今回は特に!

今まさに高校3年生として、

スタートを切ろうとしているあなた

お伝えしたいことがあります。

 

 

それが、「過去問の大切さ」

 

まず始めに。

今、この時期に過去問を見ないと、

かなりまずいです。

 

例えば、高校3年生の夏休みに、

初めて過去問を見たらどうなるか。

 

「やばい!〇〇大学では△△(科目名)が必要だった…

やってなかったから、〇〇大学は諦めよう…」

「□□(分野名)めっちゃ出る!

いまから対策しなきゃ…」

なんてことが頻繁に起こってしまうのです。

 

だからこそ、今。

過去問を見ておくべきなのです。

しかも第1志望だけでなく、

第2志望・第3志望なども

 

すると、どうなるか。

先ほどの例の反対を考えてみればわかりやすいでしょう!

 

では、ひとえに「過去問を見る」

といっても、どうするのでしょう?

 

過去問をとく?

「いやいや、解けるはずないですよ…」

それは、今の時期だと当たり前ですね。

 

 

他にも見るところはあるはず!

それが、向」に着目すること!

 

例えば

「英語だったら英作文が毎年でるな」

「数学だったら微積分が重要そうだな」

などがわかればいいんです!

 

東進だったら【過去問データベース】

ここでは、大学ごと・科目ごとに

「総評」というものがあります。

難易度は?形式は?などが盛りだくさん!

 

赤本だったら、【傾向と対策】ですね。

 

(参考:教学社サイト「赤本入門」

 

 

そういったものを見て、

紙に箇条書きするだけでもいいんです!

 

 

まずは練習してみましょう!

①はじめに、行きたい大学を1つ思い浮かべてください。

②次に【過去問データベース】にログイン!

③さっき考えた大学の過去問・総評を見る

④見ながら、携帯のメモにでも書き残す。

 

 

さあ、いますぐやってみましょう!

 

そして過去問を見たら、

何となくでも、重要そうな分野が分かるはず。

 

ここから先、受験本番まで1年以上あります。

これだけ時間をかけて対策すれば、

いやでも頭に・体に染み込むはずです。

 

そうしたら、カンニングペーパーを得たも同然!

怖いものはなくなると思います!

 

ぜひ今すぐにお試しあれ!

 

 

錦糸町校 山本豪