夢は受験を助ける(白鳥担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2017年 10月 7日 夢は受験を助ける(白鳥担任助手)

こんにちは、担任助手の白鳥です。

高校生の皆さんは大学受験に向けて勉強していると思いますが、将来やりたいことは決まっていますか?

今回は私の将来やりたいことについて話したいと思います。

私は首都大学東京のシステムデザイン学部というところに通っていて、その中でも知能機械システムコースというコースに所属しています。

知能機械システムコースでは主にロボットなどの機械を作るための知識を学ぶことができるところです。

私がなぜこのコースを志望したかというと、将来人の役に立てるロボットが作りたい思っているからです。

私がロボットを作りたいと思い始めたのは小学生のころでした。皆さんは2011年に起きた東日本大震災を覚えていますか?

その災害の一つに福島第一原子力発電所事故があり、原子力発電所から放射性物質が放出され人が近づくことができませんでした。そんな時にロボットが遠隔操作で原子力発電所の中を調査しているのをテレビを見ていて知りました。

その時に、私は自分もあのロボットのように人々の役に立てるロボットを作りたいと思いました。

しかし、ロボットを作るためには専門的な知識と技術が必要になります。

それを大学で学ぶために私は必死で勉強し、第一志望校に合格することができました!

やりたいことが決まっていれば、受験に対するモチベーションを上げることができます!

ですからやりたいことがまだ決まっていない人はすぐには難しいと思いますが、自分のやりたいことを見つけ、その夢に向かって受験勉強を頑張ってほしいです!

錦糸町校担任助手白鳥