当たり前のことをやるのみ!(山本担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2017年 11月 17日 当たり前のことをやるのみ!(山本担任助手)

んにちは!山本です。

 

秋といえば、

東進でも、学校でも

かなり模試が多くなってくると思います。

 

そんなときに、

模試を受けたあなたは、

きっと復習をすると思います。

 

では、そのあと

何をしていますか??

 

模試前にやっていた勉強の

続きにとりかかっていませんか?

 

もちろん、それも大事です。

 

しかし、

見逃してはいけないこと

1つだけあります。

 

それは、『復習後のケア』です。

 

 

これを怠ってしまうと、

◯復習したのに点数伸びない

◯また同じとこ間違えた

こんな中途半端

状態になってしまいます。

 

 

こんな体験、したことありませんか?

 

 

しっかりと

復習後のケアを行うことで、

 

◯どんどん点数が伸びる

合格まっしぐら

 

こうなること間違いなし!

なのです。

 

 

具体的には、何をするのでしょうか?

 

それは、

『模試を受験して明らかになった

弱点分野の演習』

これに尽きると思います。

 

恐らくあなたも一度は、

この言葉を聞いたことが

あると思います。

 

しかし、

どれだけ意識できていたでしょうか?

 

苦手だから…

嫌いだから…

 

こんな理由で、

逃げてはいませんでしたか?

 

今こそ

向き合いましょう!!

 

 

一度復習したからといって、

どうしても簡単には

弱点分野は身につくものでは

ありません。

 

 

スポーツなども

一緒ですよね!

 

例えばバスケットボール。

 

いくらシュートの打ち方を

学んだからといって、

綺麗なシュートを打つには

何回も繰り返し練習しなくてはなりません。

 

 

勉強もそうなのです。

 

弱点分野の真の克服を

目指すには、

演習量を確保しましょう!

 

今日のあなたは、

まず何をしますか?

 

 

◯科目名

◯分野名

◯教材名

◯演習量

 

以上4つを

頭の中に思い浮かべてみてください!

 

 

錦糸町校 山本豪