犯人は日本史!?(勝部担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2017年 8月 31日 犯人は日本史!?(勝部担任助手)

こんにちは!錦糸町校担任助手1年勝部です。

もう夏が終わりますね!!はやい!

夏休みの勉強はうまくいきましたか?

実は、私は夏休みを最大限有意義なものにすることはできなかったんです。。

私は3年生で文転をしたので、日本史がもとから周りより大幅に遅れていたのですが

その事実を理解していたのにもかかわらず、キライ!と駄々をこねて他教科ほど一生懸命に勉強していませんでした。

当然、夏休みは毎日日本史に手を付けていましたが、夏が終わった時点やっと流れがつかめたくらい

細かい知識を詰める、文化史を覚える、、などやることはまだまだありました

つまり、夏で後れを取り戻せなかったんです。

しかし皆さんもご存じのとおり、9月からは二次・私大対策に入ります

私も私大の問題を解き始めたわけですが、、、む、難しい。。。

特に日本史は、まったく歯が立たない為、問題は解かず、知識詰め続けました。

私がいつまで日本史の知識詰めをしていたかというと…受験が終わるまで!!!

もちろん、問題演習もしっかりと行いながらになりますが、受験がすべて終了するまで、知識詰めをしていました。

その方法はまた今度にするとして…

これ正直、超キツイ!!!!!

↑実際の私のスケジュールです。忙しそうでしょ?

体力的にもキツイのは当たり前ですが、日本史が固まっていないという不安に殺されそうになりましたし

実際の試験でも、どれだけ英語・国語ができても日本史が足を引っ張り合格点に到達しなかったことが何度もありました。

そう犯人は日本史、、いいえ私自身です。

あと1か月早く日本史に手を付けていたら…もしかしたら違う結果になっていたかもしれません。

気づいた頃には遅かった。。。とならないよう、不安な教科がある人は

1日でも、1秒でも早くその対策を始めよう!

後悔先に立たず。ですよ!

錦糸町校担任助手 勝部