がむしゃらが最高だと思ってました(橋本担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2020年 3月 2日 がむしゃらが最高だと思ってました(橋本担任助手)

 

こんにちは!

もうすぐ3年生は卒業!

おめでとうございます

 

1,2年生は進級

新2年生は部活の幹部になり

新高3生は受験生になりますね

 

今回お話しするのは

部活生であり

受験生であった私の

ちょっとした失敗談をお話しします

 

私は高2の頃

書道部に所属し、

後輩指導に特に力を入れていました。

 

これからの書道部をさらに強く

大きなものにしていってほしい。

全国出場校になりあがってほしい。

そんな想いから

勉強そっちのけで部活を

”がむしゃらに”

やってきました。

 

そして3年生にもなり

受験勉強を東進で

”がむしゃらに”

やってきました

 

二つとも

周りからは

よくやってるね!

絶対大丈夫!成績伸びるよ!

 

そんなことを言われました。

量は確かにやっていました。

誰よりも多く練習したし、

誰よりも長く勉強しました。

 

しかし、

他の人より上達しなかったんです。

 

その原因を

卒業してから分析しました。

 

私はがむしゃらに勉強してきた

なぜ成績が伸びなかった??

なぜ、全国に行けなかった??

 

私は自分で考えて勉強してこなかったんです。

ただ与えられたものを

丸暗記のごとく

やってきました。

 

部活もそうです。

何も考えずにただひたすら書いていました。

 

考えなきゃダメなのだと

こんな簡単なことに気付けなかったのです。

 

考えて勉強したり、

部活に打ち込んだりするのは

慣れが必要だし、

大変で疲れます。

 

その中で

 

考えることに慣れれば

効率よく事を運ぶことができるし、

社会に出たときに重宝されます。

(私が1年間で学んだことですね)

 

しっかり考えながら

たくさん勉強しましょう

 

学力=量×質

です

 

4月の共通テスト本番レベル模試で

自分史上最高の成績

出しましょう!

 

錦糸町校 担任助手 橋本茉美子

 

個別面談はこち

 

体験授業はこちら

 

料請求はこちら