大学に行っても欠かせないもの、それは、、、??(山本担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2016年 10月 10日 大学に行っても欠かせないもの、それは、、、??(山本担任助手)

こんにちは!

暑い夏が過ぎて比較的勉強しやすい

天候になってきたのではないでしょうか

 

とはいえど

この時期になると、やるべきことの多さに圧倒されて

「なんで勉強しているの?」

なんてこともしばしば、、、

 

ですが、大学に行けば、、、

部活にサークルに大学祭!!

(高校までとは規模が数段違います

 

はたまた夢の、、!?

 

などなど、楽しみなことが盛りだくさんなので

そうした楽しみなことを思い描いてみるのも楽しいかと、、

 

さてそんな大学でも、やはり勉強は欠かせませんね。

何と言っても「夢」を叶える基礎として

「勉強する」ために「大学に行く」のですから。

 

そこで切り離せない存在なのが

英語

なのです、、、例外なく誰でも、です。

 

「えっっ、なんで??僕・私は一生日本で暮らします。」

そんな人も、です。

 

なぜかというと、

大学での柱となるのが、やはり

研究

ではないでしょうか。

そしてその研究の柱といえば、論文

 

・今までのすごい人たちが残した研究をもとに、より掘り下げた研究をする。

・今までのすごい人たちでも結論を得られなかった研究に終止符を打つ。

・今までのすごい人たちが示した結論に異議を唱える。

 

研究は様々な目的で行われますが、

ここで繰り返し出てきた「すごい人たち」っていうのは、

何も日本人だけではありません。

むしろ外国の方々の方が多いです

 

つまり論文は、英語力なしでは読めません

卒業すらできない危険性も出てきてしまいます。

 

「自分がやりたいこと=夢」のために勉強・研究するのにも、

やはり英語は避けては通れない存在なのです。

 

 

今一度、英語に向き直してみては?

 

錦糸町校 山本豪