実際使える勉強計画の立て方!(杉山担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2020年 5月 6日 実際使える勉強計画の立て方!(杉山担任助手)

こんにちは!

担任助手の杉山です。

突然ですがみなさん、

計画立てって得意ですか?

 

今回ご紹介するのは

実際使える勉強計画

の立て方です。

 

・そもそも立て方がわからない

・どうせずれるし立てたくない

こんな悩み、計画に付き物ですよね

でも今日書く3つのポイント

悩みは解消されるかもしれません!

ぜひお試しください~

 

さて、実際に私も気を付けている

計画立てで大切なポイントは

1.ゴールと現状の把握

2.時間より量で考える

3.修正しやすいように

たったこの3つです!

ちょっと補足説明していきますね

 

1つ目:ゴールと現状の把握

実はここがめっちゃ大切です

慣れるまでは結構難しいけど

多少時間かかっても考えましょう

 

最初に模試・テスト・過去問から

どの教科が特に大切か

いつまでにどんな力が必要か

ゴールを考えていきましょう!

 

これが終わったらのステップ

現状どの程度まで解けるか

ちゃんと基礎力はついているか

現状と比べていきます。

 

ここまで来たら最後

必要な力のために何をするのか

ここでは受講修了日程も参考に

期限優先順位を考えて

やるべきことを決めていきます!

 

2つ目:時間より量で考える

勉強する時に大切なのは

どれくらい時間をかけたか

ではなく

どれくらい理解できたか

ということなんです。

 

でも理解度の数値化は難しいので

受講コマ・問題数・単語数など

勉強「」で考えましょう。

 

そして

その量をこなすのに

どれくらいの時間が必要か

これを把握することによって

量ベースで考えた計画を

時間ベースの計画として考えて

週間計画表なども書けちゃいます!

 

3つ目:修正しやすいように

毎日いろんなことが起こります。

思ったより進んだ日

全然進まなかった日

毎日計画通りはほぼあり得ません。

計画通りの人は基本的に

うまく微修正できてる人なんです!

 

どんな計画が調整しやすいのか

気をつけることは以下の3つ

①ピッチリ決めすぎない

②ちょっと多めにやる意識

③復習&適度な休憩時間

です!

 

具体的には

p.20~p.69ではなく

キリいいところまで約50ページ

単語200語の予定の日でも

時間に余裕があるなら210語

その日の計画のことが終われば

今までの遅れや次の日の先取り

こんな感じです。

 

こうして時間に余裕を作れば

多少の遅れは微調整できて

最終的な目標達成日は同じに!

 

…ここまでいろいろ書きましたが

終わりが見えない勉強では

体も心も持ちません。

自分に合った計画を立てて

効率的に実力つけていきましょう!

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました~

 

錦糸町校担任助手 杉山優衣

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜~~~~~~~~~~~~~~

東進の現役合格実績はこちら

個別面談はこち

体験授業はこちら

料請求はこちら