少し現実的なお話を。(山本担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2016年 11月 21日 少し現実的なお話を。(山本担任助手)

 

受験生であれば、

「勉強に次ぐ勉強」

そんな日々を過ごしているかと思います。

 

けれどこの時期、また色々とやらなくてはいけないことも増えてきて、、

インフルエンザの予防接種が1番に思いつく人も多いかと思います。

 

それよりも大事なこと、、

「願書の取得・記入」です!

なんてったって、これがないと土俵にすら立てませんもんね。笑

 

願書の取り寄せ方としては、

テレメールを使って取り寄せる、学校にあるものをもらう

など色々あるかと思いますが、

学校に直々に取りに行く

のも十分アリかと。

 

僕はブログにて何かと「学校に行ってみる」ことを推してますので、「何回も学校に行かせるな!!」という人もいるかと思います。

この時期は「勉強」が大事ですので、時間が取られたくない人は、

テレメール・学校にて、という手段は全然オーケーです。

 

ただ、学校に行くというのも大きな意味があって、

「大学に足を運んで、大学生活を見てみる」

というものです。

基本的に大学は結構オープンで、自由に出入りできます。

普段の大学での日常を体験して、大学へのイメージを固める。

そして受験勉強へと活かす

 

自分は実際にそうしてました。

面倒くさくても、思ったより楽しいですよ!!

 

 

願書の記入に関してもそうで、受験を意識することによって気を引き締め直して受験勉強に活かす

 

結局のところ、言いたいことは1つです。

何気ないことでも受験勉強に対するモチベーションになりうるので、

 

思いっきり楽しむこと

 

ぜひ、お試しを!!

 

1年 山本豪