日本の常識、世界の非常識・・・(長谷川担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2016年 10月 1日 日本の常識、世界の非常識・・・(長谷川担任助手)

こんにちは!

担任助手の長谷川です。

今回は「大学での英語の学習の重要性」についてお話したいと思います。

まず私事ですが、この夏にゼミのフィールドワークで

ボスニアヘルツェゴヴィナに行ってきました。

そこでは「ボスニア紛争」について現地の方に様々なお話を伺いました。

その中ではやはり

コミュニケーションツールとして「英語」が使われていました!

日本では英語が話せると「すごい!」となりますが、

海外では英語が話せる事が「当たり前!」でした。

「日本の常識、世界の非常識!」

これは私の大学の教授がよく使う言葉ですが、まさにその通りです。

グローバル化が進む社会で必要とされる人財になるためにも、

英語の学習を頑張りましょう!

錦糸町校 担任助手 長谷川舜