東進の使い方(橋本担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2019年 5月 24日 東進の使い方(橋本担任助手)

 

最近は夏かと思うくらい暑いですね…

今年こそは日焼けするまい!

と思っております、橋本です。

 

突然ですが、

私はゴリゴリの部活生でした。

(知ってたかな?)

 

2017年10月

部活のピークを迎え

超多忙だった

橋本茉美子高校二年生

 

無料だからと言って受験した

全国統一高校生模試をきっかけに体験。

 

そんな時私は衝撃を受けました。

 

映像授業で巻戻れたり

1.5倍速に出来たり

しかもいつでも受講出来るということに。

(その頃の私は本気で知りませんでした。)

 

映像だと緊張感なくて

眠くなるかな…と思いきや、

楽しくて、

画面を通して熱が伝わってくる!?

という新鮮さを

未だに忘れられません。

 

そんなこんなで

私は入学を即決しました。

 

こんな長ったらしい昔話で

私が何を伝えたかったかと言うと、

 

授業で寝るかどうかは

本人の意志

だということ。

 

生の授業であろうとなかろうと

本人の意欲次第ですし、

授業の内容で全く違います。

(自分に合った授業なのかなど)

 

なのでまずは色々なところで体験をして

自分に合っている授業を探しましょう。

 

東進ではたくさんの講師の方がいて

自分に合った授業を見つけやすいのです。

 

この話を聞いて興味を持ってくれた

そこのあなた。

ぴったりのイベントがありますよ。

 

それはなんと

公開授業です!

 

先生が生で授業してくださいます!

(散々映像のことを書きましたが、、)

 

今回はあのゴロゴで有名な

板野博行先生!

先生の授業はこちら

↓↓↓

 

私は受験生の時

現代文・古文を受けていました。

 

板野先生の

 

・論理的に解説

・パターン化

・テーマ別解説

 

この3つを軸とした授業が大好きでした。

 

このおかげで

“現代文とはこう解く”

というアプローチの仕方を学びました。

 

受けようか迷ってる人はとりあえず出てみましょう。

まずは受けてみることが大切。

 

静かで熱い板野先生の授業

あなたも受けてみては?

 

一年担任助手 橋本茉美子

 

※公開授業のお申込みは開始していませんが校舎までお電話でお問い合わせいただければ先行予約が可能です!