模試は受験しようよ(海老名担任助手) | 東進ハイスクール 錦糸町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 5月 10日 模試は受験しようよ(海老名担任助手)

お久しぶりです、はい、海老名です。

医学部って、入った後の方が

大変ですねぇ。

受験期よりも勉強をしている

今日この頃です。

 

 

模擬試験、通称模試

 

 

好きな人はなかなかいないであろう

一品ですね

(好きな人がいたらごめんなさい)。

 

「長時間集中してなくちゃいけないし

ただでさえ勉強が好きでもないのに

何時間も何時間も

頭を使わなくちゃいけないし

挙句お金もとる。

むしろお金を払ってほしい。

いや、払われても模試はいかん。」

 

そんな風に僕は高校に入るあたりまで

思っていました。

 

 

もしかしたら

今受験勉強をしている人ですら

同じ考えを持っているかもしれませんねw

 

ただ、お金がかかるっていうことは

そこに需要と供給のバランスがあり

お金をかける価値ありと考えられている

証なんですね。

 

 

 

今日はそんな模試嫌いだったとある男が

模試受験の重要性を知るに至った

お話をさせていただきます。

 

さかのぼること3年前

高校二年生の冬

受験を意識し始めて頑張るぞと思った際に

始まったパンデミック

(コロナがはやり始めてもうそんなに立つんですね、

いつになったら収束するのか………)。

 

さあ、学校は休校、

長い長い春休みの始まりです!!

 

残念!

コロナなので外には出ないでください。

やることがない→暇だから勉強する

 

 

こんな感じで何となく勉強を始めました。

 

 

ただ、勉強を重ねていくにつれて

だんだんわかることが多くなり

解ける問題が

増えていく感覚になりました。

解けると楽しい、解けないと悔しい、

そんな青春の1ページを飾れそうな

熱血系の魂が自分の心の奥に

あることに気づきました。

 

この後も勉強を重ね

人生で初めて(遅い)模試を

受験したいと思いました。

というのも正直人生経験上

類を見ないほど勉強したので

A判定を余裕でとれるだろうという

心境が根本にありました。

 

結果は秘密です。

 

それが模試を受験し始めた

きっかけですね、はい。

 

真面目に受験したからこそ

気づけたこともあるんですけど

やっぱまず当日にしっかり受験すること

って大事ですね。

 

特にね、学校で行われるものじゃなくて

外部の模試だと緊張感とか違いましてね

焦りとかでミスしたり

解ける問題が解けなかったり

いろいろ不測の事態が起きるんですよ。

 

けど、入試本番って結局

そういう雰囲気じゃないですか

そういうのに慣れておかないと

合格は勝ち取れないなと

青二才ながら感じましたね。

 

あと、やっぱり目の前の課題が

見えてきますね、うん。

 

 

模試を受験

目標点数に各教科何点足りないのか把握

どうしてその点数が取れなかったか分析

次の模試でとるためには

どの問題集(参考書)を

どのくらいいつまでに進めるのか決める

やる

 

 

これが当たり前かもしれないんですけど

受験勉強の骨格なんですよね。

 

これ以外の方法でやってるよーって

人がいたらぜひ教えてくれればと思います。

 

部活でたとえてみよう。

「とりあえずなんかわからんけど

ひたすらサーブやるわ」

って言ってサーブの練習だけ3年間やって

引退試合に臨む人もいないでしょう。

 

放課後とかに練習して

部内で軽いマッチをやったり他校の選手と

練習試合組んで実際に試合をしてみて

自身の弱点を把握して

それを強化する練習をする

同じようなものなんですね。

 

 

まあ、長々と書きましたが

要は

受験において

模試の当日受験は

合格を念頭に置くなら

避けては通れません

っていうことが伝えたかった次第です。

 

模試は一日使うし

集中力維持するの大変だしで

きついものであることも事実です。

百も承知です。

 

そんな模試の帰り道は

自分へのご褒美として

なんかおいしいものでも

買って帰るのもいいかもしれません。

もう少しするとアイス

おいしい季節ですね。

 

 

ps.僕はよくコンビニでプリンを買って

家で自己採点をしながら食べてました。

値段と量が、

夜食べるにはちょうどいいんですよね。

おすすめです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

錦糸町校担任助手 海老名柊聖

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【全国統一高校生テストはこちら】

【部活生特別招待講習はこちら】

【1日体験はこちら】

現役合格実績はこちら】

 

【入学申込はこちら】

【体験授業はこちら】

【資料請求はこちら】