第一志望校に合格したいなら… | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2016年 2月 8日 第一志望校に合格したいなら…

こんにちは!錦糸町校の柿澤です!!

 

センター試験も終わり、受験シーズン真っ盛りとなってきました。そろそろ、合否結果が出てき始めますね。

良い結果でも、悪い結果でもしっかりと次の試験に切り替えるよう心掛けましょう!!

 

さて、今回は高校生なら誰もが聞く『早期スタート』について話したいと思います!

『早期スタート』とは早めに受験勉強をスタートする、という読んだままの意味ですね。

 

この『早期スタート』ですが、「受験勉強を早く始めた方が良い」と思っている高校生は多いです。

ですが、恐らく早期スタートがどれ程大切・重要であるか理解してない人は大勢います。

では、何がそんなに大切なのか?

僕は主な理由として特にこの2つだと考えています。

①3か月早く勉強をスタートすると志望大学ランクが1つ上がる。

②学力向上の差は早期スタートでこそ縮まる。

 

①に関しては実際にデータがあります。

簡単に説明すると、ある大学の合格者の平均点を見た時、

その1ランク上の大学の合格者はその点数を本番の3カ月前に取っています。

そしてこれはほぼ全ての大学で言えることがわかっています。

つまり、3カ月早く勉強を開始していれば1ランク上の大学に合格する可能性がかなり高いということです!!

 

②は周りと比較した時のことです。

もし自分が4月から勉強を始めたとしても、周りの人も4月から勉強を始めていたら

自分の学力が伸びていても周りも伸びるため結局最初にあった差を埋める、もしく広げることはできませんよね。

 

この話をするとよく「いや、僕は他の人よりも勉強するんで!」という人がいますが、

この2つって基本的には努力で埋めようとするとかなり難しいんですね…

 

つまり、大学受験で第一志望校に合格できるかは早期スタートにかかっていると言っても過言ではないと僕は思っています。

 

学力の向上は質×量なのでどれだけ他の人よりも勉強量を取れるのかが大きく関わります!

そして量を増やせばおのずと質も高くなります!

 

みんな1日24時間は同じです!

その限られた中でどれだけ勉強時間を確保できるか。それが勝負の分かれ目です。

そのためには早期スタートが核となるので本当に第一志望校合格したい人は

今すぐスタートを切ろう!!

 

錦糸町校担任助手 柿澤俊太