過去問早期に解くっていいね(杉山担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2020年 6月 30日 過去問早期に解くっていいね(杉山担任助手)

こんにちは、杉山です。

大学の前期も後半に入り

試験や課題に追われながらも

充実した日々を送っています。

 

こんな今があるのも

受験生の時の自分がしてくれた

ある行動もおかげだなと感じています。

 

私は受験生の時

とにかく過去問を早く解きました

センター過去問も二次私大も

6月頭からはじめ

センターは7月中旬に10年分

二次は7月中に7年分

私大は8月中に各1年分

を解き復習・分析をしました。

 

こんなに早くやる必要あるの?

力ついてないし秋以降でよくない?

 

こんな風に思う人もいるかもしれません。

しかし私は過去問を早くやることで

多くのメリットは感じたものの

デメリットは一つも感じませんでした。

 

メリットとしては

①敵を知れて今後の方針を決められる

②模試や直前期に精神的余裕を持てる

が主なものでした。

 

試験問題という相手に勝つには

自分の弱点を克服すること

一番の近道となります。

克服のためには分析できる情報が必要です。

早くに解けば無駄な勉強が減り

第一志望合格につながるのです。

 

模試でも点数があがり

直前期に周りが慌てる中

自分の点数が安定していたり

もう既に過去問に触れているという事実

精神的な余裕につながり勉強にも力が入り

とても大きなアドバンテージとなりました。

 

過去問は直前期に取っておきたい

こう思う気持ちもわかりますが

それで対策が遅れ間に合わなくなっては

元も子もありません。

ぜひ早期に過去問をはじめ

大きなメリットを感じてください!

受験後の自分はきっと

早期に始めた時の自分に

感謝するはずです!!!

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

錦糸町校担任助手 杉山優衣

 

夏期特別招待講習の

申込はこちらから

↓ ↓ ↓ ↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東進の現役合格実績はこちら

個別面談はこち

体験授業はこちら

料請求はこちら