ブログ | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ 

2013年 6月 7日 東進生時代のエピソード⑤

こんにちは。栗原です。

僕の東進時代のエピソードを話したいと思います。

東進での一番の思い出、それはある日グループ面談で菊地さんがスティーブ・ジョブズのスピーチを流してくれたことでした。

そのtきの話はジョブズが大学を中退して自分のやりたいことをやり始めたということでした。

その時の僕は大学がくだらない場所なのかな?と思ったり、自分は本当にやりたいことがある大学にいこうと思ったりしていました。

ですが、その時菊地さんは本当にそのメッセージが伝えたかったのでしょうか。今振り返ってみて考えることはそのときに自分が何を受け取ったのかということです。

僕がそこで受け取ったことは「ありたい未来を描き実現するのは自分」だということです。

今、僕は自分の未来を描くということを本当に意識して過ごせています。

それはもしかしたらこのときにメッセージがきっかけだったかもしれません。

今は良く分からないメッセージでも人生の先輩だからこそ、しかもほんの少し前を歩く先輩だからこそ皆さんに伝えられるメッセージがあるのではないでしょうか。

今一度みなさんの担任の先生の言葉に耳を傾けてはいかがですか?

 

栗原和樹

 

2013年 6月 6日 東進生時代のエピソード④

こんにちは 一年の小久保ですよ(^ー^)

今回のブログのテーマは

東進生時代のエピソード グル面編!

というわけでグル面の話しまーす

僕が東進に入ったのは高3の5月(遅い!)なので途中入面だったのですが、とっても不思議なグル面でした笑

まず今は無き男女混合班www

最初聞いた時は男子校出身の僕は顔面蒼白でした笑

男子3人は芝だったんで普通に溶け込めたんですが女子が3人とも静かな子で全然盛り上がらない、、、

かと思いきや!!!

むっちゃ盛り上げてくれた人がいました!!!

誰だかわかりますか皆さん???

なんとなくわかってますよね???

みんな大好き墨田区一のイケ面

菊地航太担任助手です!!!

あのちゃらい癖して憎めない軽妙な話術(何度グル面でイジられた事か、、、汗)

たまにする真面目な話や為になる話(経済の話とかが興味深かったです)

そんな話を僕らに振りつつ、グル面をおもしろおかしく進行してくれました

中でも一番楽しかったのが

サプライズで決行した菊地さんのbirthday party!!!

みんなでプレゼントや色紙、手紙やケーキを持ち寄ったりして(僕は錦糸町駅でケーキかいました笑)

菊地さんの20歳の誕生日を祝いました(^=^)ものすごくたのしかった!

グル面の思いではこんな感じです

グル面があったからこそ僕は早稲田に受かったと思ってるし思ってます!(担当生徒には迷惑掛けてばっかりですが笑)

皆さんが出たいと思えるようなグル面を日々作っていきますので皆さんもグル面出てくださいね!

以上小久保でした^^

 

 

2013年 6月 5日 東進生時代のエピソード③

こんにちは(*゚▽゚*)

今日は私が東進生だったころのエピソードの中でも、

「グル面」についてお話します。

 

生徒時代の私にとって、グル面は大切なものでした。

グル面は、同じような夢を持った人が集められている場であるからこそ、

グル面は、1つはみんなと競う場として、もう1つは息抜きの場でした(・∀・)★

 

みんなが似た夢をもつからこそ、みんなの目標点も高く、

みんなが同じところへ向かっていくからこそ、

切磋琢磨していくことができました!!

そして、勉強以外の夢などについて話したり、

勉強法などを聴いたり、教えたりもできて楽しい息抜きの場でした!!

 

このように私は、毎週の学習計画をたてるだけでなく、

勉強や東進への登校が楽しくさせてくれるのがのグル面でした(^O^)

みなさんもグル面を楽しんでください!

たくさんのプラスなこと詰まっていますよ(・∀・)★

 

この写真は、そんなグル面を作りたくて必死な私です!笑

 

 

 

 

 

錦糸町校 担任助手 金山えれな

 

 

2013年 6月 4日 東進生時代のエピソード②

こんにちはっ!1

今回のテーマ

自分の生徒時代のエピソード(グル面編)

ということで、

自分の生徒時代は知ってる人も多いと思いますが、あまり見本になるような生徒ではありませんでした。

しかし、自分のグループ面談はどこよりも

   結束力

があったと思います!!

夏休みはみんなで朝起きれるようにみんなで朝走ったり、

わからない問題があったらみんなで教えあったりしました

このようにみんなで支え合って受験をできたので、受験を乗り越えることが出来ました

このように皆さんもグル面の仲間と支えあって頑張って下さい!!

 

 

 

 

2013年 6月 3日 東進生時代のエピソード①

 

みなさんこんにちは!

今回は私が東進生だったときのエピソードを書いていこうと思います!

 

ぐる面編ということで…

私は高校2年生の夏から東進に通っていましたが、特に印象に残っているのはやはり高3のぐる面です!

 

私の担当をしてくれたのが東大の方。

よって、同じグループになった人は東大志望や一橋志望などなど…。

えっ、私ここ??

正直に出た感想がこれです(笑)

 

ここまで言えばお分かりになる方もいると思いますが、他の班のようにみんなで切磋琢磨し合いながらというよりはむしろ

なんとか置いていかれないように必死でした。

 

ですが、そんなぐる面で

受験がうまくいかないとき、本当だったら自分のことで精一杯のはずなのに私を励ましてくれる仲間に出会うことができました。

その人たちがいなかったら、メンタルもぼろぼろになり早々に「もう無理だ。やめよう。」と言って妥協していたような気がします。 

 

受験は個人戦だと言う人がいます。

それに受験会場に行ったらもしかしたらそこはもう個人戦となるのかもしれません。

ですが、そこまでの過程の中で競い合えるライバルがいたり、悩んだときや辛いとき励ましあえる仲間がいたり、

それって個人戦というよりはむしろ団体戦じゃないですか?

受験は団体だと私は思っています。

 

みなさんにも受験を通して勉強だけではないなにかを見つけ学んでほしいと願っています!

 

 

 

東進ハイスクール錦糸町校 担任助手 飯塚琴美