ブログ | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ 

2013年 4月 28日 夏期合宿体験談⑦

こんにちは! 担任助手小久保です!

今回のブログでは生徒時代に自分が行った夏期合宿について書き込みたいと思います!

ですがその前に

塾内合宿 皆さんいかがでしたか!?

アクセントをみんなで音読したり、楽しみながら単語を学習したり長文を読んだり、と盛りだくさんの合宿でしたが

参加してくれた人はわかると思いますが自分の限界を必ず越えられる合宿だったと思います!

僕もスタッフとして参加したのですがリタイアする生徒も途中で寝てしまう生徒もいなくて

生徒一人一人が努力して結果を残していました

頑張っている姿を見ていると僕も生徒としてこの合宿に参加したいなと思えるぐらい素晴らしい塾内合宿でした!、

話を夏期合宿に戻すと、、、

夏期合宿は今回の合宿以上に辛い合宿です

ですが今回の合宿以上に自分の限界を越えられます!!!

辛い日程が組まれている分、自分を変えるチャンスはいくらでもあります!

僕自身も、僕の周りの生徒も辛い日程をこなしたため、夏休み15時間勉強というハードなスケジュールもこなすことができました

塾内合宿以上に感動できる夏期合宿に皆さん是非!!

小久保遥

 

 

 

2013年 4月 27日 夏期合宿体験談⑥

こんにちは!栗原です!

今回は僕の夏期合宿の経験について書かせていただきたいと思います!!

僕が高3の時でしたのでもう2年前ですね。つい昨日のようです。

じつは僕は、、、夏季合宿に行きたくありませんでした!!!!

錦糸町校内でもあまりしゃべる人がいないのに初対面の人と寝食を共にできるはずがない。と思っていました。

しかし、行ってみるとまったくそんなことはありませんでした。ふりかえってみると、合宿の参加者全員が同じ方向、つまり第一志望合格ということに向かって切磋琢磨しているという環境が、友人というよりは同志を生み出す場になっていたのだと思います。

 

そして、合宿を終えて帰ってきたとき校舎の中でも自分の意識はかなり高い位置にあったと思います。それは合宿で同じチームだったやつが模試のランキングに乗っていて悔しい思いをしたりとモチベーションを高めることができる機会が増えたことが必ず関係していると思います。

ここまで読んで合宿に行きたくないなという人はほとんどいなしと信じています。

 

そして、今年合宿に行くことになった人たちに最後に一つだけ伝えておきたいことがあります。

無理をしてください

部活生の生徒には毎年こういうことを言う生徒がいます。「部活の合宿とか練習を経験しているから辛くはなかった

このセリフを言うことどれだけ恥ずかしいことか考えてみてください。勉強は最後は自分でするものです。部活はなぜつらかったのですか?それは自分のありたい姿を追い求めて本当に一生懸命だったからではないでしょうか。夏季合宿だって一緒です。大変なものにするかたくなものにするか、実りのあるものにするか、時間の浪費にするのか。

すべてを決めるのは必ず自分自身です。

そのことだけ心に留めておいてください。そうすれば夏季合宿は必ずあなた方が大きく飛躍できる場となると信じています。

錦糸町校

担任助手

栗原和樹

2013年 4月 26日 夏期合宿体験談⑤

夏期合宿は一言でいえば死ぬほど勉強した5日間でした。

合宿に参加した人は勉強に対する意識が180度変わって、今まで以上に勉強に打ち込められる!と

自分の担当だった山﨑先生が三者面談でおっしゃりました。夏休み前まで勉強に対する意識は高くはなく、どうにかして

勉強に打ち込みたいと考えていました。だからその言葉を聞いてから、変わりたいと思って参加しました。

ただ注意しなければいけないのが合宿のクラスは4月と6月のセンター模試の英語の成績で決まってしまうことです。

自分が変わるためにはレベルの高いクラスに入る必要があると思いました。

英語は152点(6月)でH2のクラスでした。周りは意識の高い人ばかりでたくさん刺激を受けて、

人生で初めて死ぬほど勉強しました。夏期合宿のおかげで真剣に勉強に向き合えるようになりました。

勉強に悩んでいる君に一つアドバイス!

変わりたいと思っているなら夏期合宿がおススメ(^w^)

It depends upon your effort wether you can improve your attitudes toward studying or not!

東進ハイスクール錦糸町校  担任助手 浦野峻輔

2013年 4月 25日 夏期合宿体験談④

 

みなさん、こんにちは!

新学期がはじまってそろそろ学校生活も落ち着いてきたころでしょうか?

私もだんだんと大学になれてきて、余裕がでてきました(*^^*)

 

さて、今回は夏期合宿の体験談ということで、、、

私は高3のとき、英語がとても苦手でした。

そしてなにを勉強すれば良いのか全く分かりませんでした。

 

そんなとき、夏期合宿の話を聞いたのですが、はじめは全く行く気がありませんでした。

しかし担任助手の方々にすすめられて行くことを決めました。

 

行く前、前日まで、知らない人と過ごすことや一日中勉強することに対する不安や緊張でいっぱいでした。

 

そして、行ってみて自分の甘さを思いしりました。

普段いかに自分が時間を無駄にしているか、効率の悪い勉強をしていたか、

言い訳をして勉強から逃げていたかを感じることができました。

 

本気で受験勉強に取り組む仲間と全力で私たちを支えてくれるスタッフさん達とすごした五日間は

わたしの目をさませてくれましたし、その後、わたしが受験勉強を頑張る励みになりました☆

 

いま勉強をさぼっている人やダラダラしてしまってるあなた!!

 

そろそろ気をひきて勉強しましょう(`・ω・´)

自分の努力しだいで結果はどうにでもかわりますよ!

 

自分の限界をこえよう\(^o^)/

 

 

東進ハイスクール錦糸町校担任助手  吉澤桃子

 

 

2013年 4月 24日 夏期合宿体験談③

こんにちは。 はまD です。

新学期が始まってもう2週間。。

3年生のみんな!!受験時代なんてあっという間に時間が過ぎますよ!!

特に高3の夏休みなんか小学校の頃のように長くありません(笑)

というわけで!今回は東進の一大イベント 夏期合宿 について書いていきます。

 

まず夏期合宿に誘われた時は楽しみでしたが、すごく怖かったです。

英語は苦手で、全然出来なくて、こんな自分が行ってチームに迷惑かけないで済むのかなどなど…。

 

しかし実際に参加してみたら、英語が出来る出来ないなんて関係ありませんでした!

この合宿で大事なのは いかに他人より努力するか です!!

廊下は走って時間の短縮、出来た隙間時間はテキストを開いて英語の勉強。。

起きてから寝るまでずっと英語、英語英語です!!!

 

…みんな、少し怖くなりましたか?

いいえ、誰だって本気になれば出来るんです。

こんな自分だって本気になれたんです。みんなも出来るはずです!!

 

今年の夏期合宿には是非参加して本気になった自分を感じてください!!

期待してます!!!!

 

錦糸町校 担任助手 濱田佑紀