新入試の変化により皆さんは何をやるべきことが変わるのか。(大竹担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

校舎からのお知らせ

2019年 9月 26日 新入試の変化により皆さんは何をやるべきことが変わるのか。(大竹担任助手)

こんにちは。

担任助手の大竹です!

 

今回は

共通テスト

についてお話しします。

 

皆さんは

共通テストについて

どれくらい知っているでしょうか?

 

おそらく、

学校で説明会等が開かれ、

大体のことは

存じだと思います。

 

なので、

今回は

共通テストへの変化により

どのように試験が変化はするのか

は省略し、

これから勉強していくうえで、

何を大事にするべきなのか

をお伝えします。

 

それは、

各科目の基礎を

早期に固めること

演習量を増やすこと

です。

 

まず、

やるべきことが変わるのか。

という疑問点は誰もが抱えると思います。

 

をいうと、

やるべきことはあまり変わりません。

 

しかし、

インプットした知識を

運用する力

が必要になるので、

やるべきことが

「増える」

と言った方が正しいでしょう。

 

大事にするべきことの

理由も含めて

お話しします。

 

下の画像をご覧ください

 

高3生になると、

国公立2次・私大の対策に加え、

民間の資格・検定試験の受験、

「大学入学共通テスト」の記述対策など

新入試に対応するための準備が多くなります。

 

英語のスピーキング力や、

記述力は

一朝一夕で身につく能力ではないため、

十分な演習時間を確保する必要があります。

 

だからこそ、

高2生・高1生の段階から

受験勉強のスタートを切って、

まずはすべての土台となる

基礎力

を盤石に固めることが

ポイントになります。

 

また、次の話は余談ですが、

センター試験世代の学生に比べて

勉強時間が増えるのは、

実際どれくらいなのか?

 

下の画像をご覧ください

 

センター試験世代の先輩の

学校授業外での

学習時間を比較したものです。

 

現役合格者の学習時間は

なんと

4,075時間

高3生になる前の時点で

既に1,685時間も学習している

ことがわかります。

毎日学習したとしても

12.3時間

 

センター試験から

「大学入学共通テスト」に変わり、

やるべきことが増えると考えると、

現役合格に必要な学習時間は

さらに必要になることが予想できますね。

 

つまり、

先ほどもお伝えしたように

皆さんは、

基礎力を早期に固め、

演習時間を増やすことが大切です。

 

文化祭も終わり、

切り替え時だと思いますので、

まずは

1027日の

全国統一高校生テスト

を目標に頑張って行きましょう!

 

錦糸町校大竹担任助手

~~~~~~~~~~~~

 

☟個別面談はこちら☟

 

☟体験授業はこちら☟

 

☟資料請求はこちら☟