5月 | 2018 | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ 2018年05月の記事一覧

2018年 5月 31日 三段構え(佐藤担任助手)

どうも、こんにちは、いい感じに日焼けがしたい佐藤です。

さてさて、皆さん定期テストはどうでしたか?

定期テストに対しては課題もあるので勉強する人が多いでしょう。

それはもちろん素晴らしいです!

継続しつつ、ただその一方で模試に臨むみなさんの姿勢はどうでしょうか?

模試も当然ながらいい点数を取ろうと思えば準備が必要です。

その準備として

その1. 相手を知ろう

テストというものは傾向があります。

なので傾向を知れば、その時点でアドバンテージにはなります。

その2. 目標得点を決め、得点配分を決めよう

ただ漠然と120点取ろう、ではなく、

大問1で10点、大問2で30点、、、などのように自分の得意分野などを考慮した上で、かつ実現可能性も加味していきましょう。

その3. 演習しよう

練習すれば人はある程度できるようになります。

練習しなければ望む結果を手に入れることは難しいです。

決して過去問をやれっ!!と言うわけではありません。

今手元にあるもの、それをしっかりと有効活用すれば確実に練習にはなります。

自分で考えるのが難しいと思うのであれば声をかけてください。

その手助けをするために我々はいます。

さあ、簡単に言えばこの3点は模試を受けるにあたって事前にやっておくべきことです。

そしてもちろんメインになるのはその3の部分です。

今やっていること、東進のであれば受講なり、高速基礎マスターなり、たくさん役立つものはあります。

確固たる自分に使い方を確立し、ぜひ結果を出せるようにしていきましょう!

錦糸町校 担任助手2年 佐藤 太梧

 

 

 

 

 

2018年 5月 31日 全国統一高校生テストまであと17日

みなさんこんにちは!

東進ハイスクール錦糸町校です!

全国統一高校生テストまであと

17日

となりました!

 突然ですがみなさんは

自分の弱点

を把握できていますか?

模試を活用して夏休み前に現状を把握し

今後の学習に役立てましょう!

 

錦糸町校スタッフ一同

 

 

 

 

2018年 5月 30日 夏を制する2つのアイテムとは?(尾崎担任助手)

みなさんこんにちは!尾崎です!

だんだんと暑くなってきて、夏が近づいてきましたね!みなさん、中間試験などが終わった頃でしょうか?

今この時期、「テストも終わったし学園祭あるし勉強しなくていいや~」と思っている方!要注意です!

夏は受験の天王山と呼ばれるほど、受験生はもちろん高12年生のみなさんにとっても大事な時期になってきます。今の状態が続いたまま夏休みを迎えてしまったらどうなってしまうでしょうか?

夏休みを有効的に使うことが出来ずに、後悔をして終わってしまいます!!

そのために今から、自分の弱点や強みを知ることは今後の勉強を十分に行うためにも大切になってきます。

そこで、私がオススメするものが二つあります。

①6/17(日)全国統一高校生テスト(無料

この模試は学力を測る模試ではなく、伸ばすための模試です。そのため、模試の結果が中5日で返却というスピード返却になっています。また、錦糸町校では帳票返却会にて担当と一対一で今後の学習の進めかたなどを話し合っていくため、夏休みまでになにをすればいいかが明確になります。今回の模試では、学年別に問題が分かれているため、自分に合った問題で受験をすることが出来、正確に学力を測ることが出来ます。このチャンスを自分のものにして、夏休み最大限の頑張りをできるようにしましょう!

②6/22(金)西先生公開授業(無料

「全国統一高校生テストによって自分の弱点や強みが分かったのは良いけど、なにから始めればいいか分からない…」という方は、この授業を合わせて受けることで自分に合った勉強の仕方が見つかるかもしれません!今回は英語西きょうじ先生を錦糸町校にお招きして、講義をしていただきます。西先生の講義は英文法の核から理解をできるような授業になっているため、英語の解き方が曖昧だったという人も、この授業を受けて論理的に読むことができるようになるはずです!また、大学受験においての必勝法や英語の勉強法なども併せてお話をしてくださる予定です。ぜひ、友達などと一緒に参加しましょう!

以上の二つを受けて、今後の学習のヒントにしましょう!

みなさんのこの6,7月の頑張りに期待しています!!

錦糸町校 尾崎

 

 

 

 

 

2018年 5月 29日 全国統一高校生テストまであと18日!

みなさんこんにちは!東進ハイスクール錦糸町校です!

全国統一高校生テストまで

あと18日

となりました!!

なんとなく夏を迎える前に、自分の苦手分野や何をしなければいけないのかを

明確にしませんか?

たくさんの受験者、お待ちしております!!!

錦糸町校スタッフ一同

 

 

 

 

 

 

2018年 5月 29日 受験直前のメンタルは夏の使い方にかかってる!!(石井担任助手)

こんにちは!

もう6月、それとも、まだ6月
人によって色々感じると思います。

今日は私が受験生のに過去問演習の際に気をつけていた事をご紹介します!

一口に過去問演習と言っても
センター試験の過去問、私大の過去問、国公立2次の過去問などと、色々あります。
その中で今日私が紹介するのは、
私大の過去問演習の国公立大学受験生における大切さです。

東進生であれば、早い生徒であれば夏頃から過去問演習を夏頃から始めることだと思います。

多分、初めて自分の第一志望の解くと
全然解けてなくて「ヤバい」と感じるのが大半だと思います。

僕は第一志望が国公立大学だったのですが
第一志望の国公立の過去問演習やセンター試験の過去問演習をする中で
私立大学の過去問もしっかり解くことを
とても気をつけていました。

とゆうのも、国公立大学を受ける受験生にとって
私立大学がどれ程受かっている状態で
国公立2次に臨めるかは、メンタル面で大事になってきます。

確かに、僕の周りにも私立大学を1,2校しか受けないで、結局全く私立大学が受かってない状態で、国公立2次に挑んで、難関国公立大学に合格した友達もいました。

でも、その友達も言っていたのですが
国公立2次までは、ものすごいプレッシャーで「毎日吐きそうなくらい、メンタル的に追い込まれていた」と言っていて、もっと私大の対策もしておけば、もう少し楽な気持ちで国公立2次に挑めたとも言っていました。

逆に僕の場合は、
私立大学の合格をある程度している状態で
国公立2次に挑めたので、
ある程度楽な心持ちで、受験することが出来ました!

じゃあ、どのように私立大学の過去問演習を行っていたのが紹介します!

東進ハイスクールでは夏頃から、過去問演習を始めるのが一般的です。(早い人はもっと早いです)

僕は7月の下旬から過去問演習を始めました。

最初からバンバン国公立大学の過去問を解いていたかというとそういう訳ではなく、一年分だけまず解き、どのくらいのレベルの問題か、そして今の自分はどのくらい得点できるのか把握しました。

(↑これは夏前に出来てるともっと良かったと、
今考えればそう思います)

そこから1ヶ月程は
センター試験の過去問をメインで取り組みつつも
1週間に私大の過去問を全科目最低でも2年分解くようにしていました。

なので、僕は早い段階で私立大学の受験に対しては自信をある程度もてていたので、
楽な心持ちで国公立大学対策をしていくことが出来ました。

上記は実際に僕の行っていた方法ですが。
注意してほしい事としては、

これが全受験生に適したやり方かと言ったらそうではありません。

過去問をやる事が万人に対する正義かと言ったらそうではなくて

基礎基本ができていない人が過去問演習だけをしても
成長には繋がりません。

逆に、早くから基礎基本をマスターしていて応用知識まで完璧な人は、早くから過去問演習に取り組むべきだと思います。

なので、自分の実力を考慮した上で
何を、どのくらい、どの時期に取り組むのか
決める必要があると思います。

それを考える上で
僕は東進の担任の先生や、担当の先生に
相談をたくさんしていました!

受験直前になってのメンタルは
夏にどれ程やる事をやっていたかに
かかっていると思います!

みなさんも自分に合った演習方法を見つけて頑張りましょう!

錦糸町校担任助手 石井