「復習」をお題目にしない。〜本当の頭の使い方〜(山本担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2019年 6月 30日 「復習」をお題目にしない。〜本当の頭の使い方〜(山本担任助手)

 

復習

 

 

この話題は、

模試を受けるとそのたびに

つきまとってきます。

 

 

 

「復習した?」

模試を受けると散々言われますね。

 

 

 

「しつこいわ。

もうやってます。」

 

なんて内心では

思ってるんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

しかし、振り返ってみてください。

その復習、完璧でしょうか?

 

 

 

□間違えたところを確認した

□解説を見た。

□解説に載ってる知識を覚えた

 

これだけでは、

「復習」ではありません。

 

 

本当の

頭の使い方

本日、伝授します。

 

 

 

例えば、

現代文の問題。

 

 

「2択に絞ったけど、

結局間違えちゃった。。。」

なんてことは

日常茶飯事ですね。

 

 

①まずは「間違えた選択肢の吟味」

・どこが違うのか

・間違いだという根拠は本文のどこにあるのか

をまずは見ます。

 

 

試験と違って、時間制限がないのですから、

ここはとことん時間を使いましょう。

 

 

いわゆる「根拠への嗅覚」

こうしたタイミングで磨いておくと

本番で本当に役に立ちます。

 

 

 

ここまでの人は

やっているのではないでしょうか。

 

 

 

ただしプラスαとして

「・間違えた時の自分の振り返り」

しましょう。

 

 

模試の中で間違えた、ということは、

原因がなんであれ、

もう一度同じミスをする可能性

あります。

 

ということは、

そのミスの根本の原因を

追求するのです。

 

 

「時間で焦ったから…」

「眠くて…」

「体調崩しちゃってて…」

色々あると思うのですが、

その際に、「自分がどう考えていたのか」

というのも知っておくといいと思います。

 

 

 

「焦るとこう考える自分もいるんだな」と反省することが

必ず次に活きてきます。

 

 

 

 

 

②次に「正しい選択肢の吟味」

基本的に間違えた問題は

解説を見て、

答えを見ると思います。

 

 

そのときに、

そのまま解説を読むのではなく、

一度自分で答えを

導く練習をするのです。

 

 

本番では

解説は隣にいません。

 

 

自分の頭で

正しい答えを導く、

「正しい考え方」

身に付けるのです。

 

 

 

だからこそ、

答えだけを知った状態で、

一度自分で考える。

 

 

そのステップを踏むことで、

「正しい考え方」

練習するのです。

 

 

自分で問題を吟味し抜いて、

答えを導き出す。

 

 

 

そのステップが、

あなたの頭を強くするのです。

 

 

そこまで考え抜いてこその、

復習です。

 

 

 

 

〜おさらい〜

復習とは、

□間違えたところを確認した

□解説を見た。

□解説に載ってる知識を覚えた

 

だけではありません。

 

 

①まずは「間違えた選択肢の吟味」

②次に「正しい選択肢の吟味」

 

ここまで、やりきってこその

復習です。

 

 

 

さあ、今日から、

「正しい頭の使い方」

磨きましょう!

 

 

 

錦糸町校 担任助手 山本豪