【五月祭】<おもしろい>が交差する2日間。(山本担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2019年 5月 11日 【五月祭】<おもしろい>が交差する2日間。(山本担任助手)

2日間の来場者数、延べ15万人。

全国屈指の学園祭。

 

 

今年も、来たる5/18,19の2日間で、

東大では五月祭という学園祭を開催します。

 

そんな、学園祭のことを、

少しお伝えしようと思います。

 

 

【みどころその①】

大学1年生の出店!

 

東大は、1,2年生の間、

第2外国語によって、クラスが編成されます。

 

 

その数なんと、100以上!(多分…)

 

そのクラスが、クラスの特色を生かして、

様々な出店を行います。

 

毎年話題になるのは、

通称「理ロシ」(理科○類ロシア語選択)

 

 

ロシアと言ったら、

ピロシキ!ですね!

(僕はそう思います。)

 

 

そんなクラスは、

ピロシキを販売したり。

(理”ロシ”とピ”ロシ”キで、韻を踏んでいました。)

 

他のクラスも、選択した第二外国語に由来する

ものを販売したりします。

 

 

しかも、ちょっとした裏話をすると、

五月祭の売上が、クラス費になったりするので、

かなり本気で出店しているクラスがほとんどです。

 

 

そんな裏話を知りつつ、

様々なクラス出店を回るのも面白いかも、です。

 

 

 

【みどころその②】

学部・学科による研究発表

 

東大では、3年生になると

学部・学科が振り分けされます。

 

いわゆる「進学選択」というやつです。

 

 

3年生になると、本格的に学科での学習が始まり、

4年生で、研究室の振り分けがあります。

 

 

全て、というわけではないですが、

各研究室が、それぞれの研究テーマを題材に、

展示ブースなどを作っているのです!

 

 

工学部のある研究室なんかは、

来場者にイメージを持ってもらうために、

ロボットを実際に作ったり、なんかもやっています。

 

 

大学での学問、ひいては東大の学問を

体感したい方はぜひ!

 

 

 

【みどころその③】

国際色豊かな出店

 

東大には、

TLPやPEAKなど、

国際色豊かなカリキュラムが多くあります。

(詳しくは、調べてみてね!)

 

 

他にも、様々な留学生を受け入れたり、

多くの外国人職員の方がいたり。

 

 

そういった方々が、

国際色豊かな出店をしたりもします。

 

 

 

こんなものまで学園祭で体験できるの!?

 

そんなレアな経験もできたりします。

 

 

 

東大の全てを体感する五月祭。

そして今回は、

<おもしろい>が交差するらしいです。

 

funもしかり、interestingもそこら中に存在します。

 

 

 

受験生は勉強ももちろん大事ですが、

「学園祭に行く」ぐらいの心の余裕があっても

いいかもしれません。

 

よかったらぜひ!

 

錦糸町校 山本豪