クラスで最下位だった私が日本史で一位に上り詰めたわけ。(高原担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2018年 8月 14日 クラスで最下位だった私が日本史で一位に上り詰めたわけ。(高原担任助手)

 

こんにちは!

日差しの強い日が続きますね。

私もとうとう時計焼けしてしまいました…。

夏の猛暑にやられ自転車で転倒、

首は捻挫し両肘両膝を負傷している担任助手は

高原でございます。

今回はそんな私が語る

☆日本史必勝法スペシャル☆

でございます!

 

私が日本史を受験するにあたって意識していたのは・・・

①出来事の背景を捉える

②疑問を残さない

③志望校の出題傾向

の3つです!

 

 

①出来事の背景を捉える

これを意識するようになったのは、

私が講座を取っていた金谷先生が

歴史上の出来事には必ずなぜ起こったのか、

歴史の流れがあるとおっしゃっていたからです!

私は辞書や語彙集・教科書を使って徹底的に調べ上げました。

そうすることで、歴史上の出来事もストーリーで覚えることができ

日本史学習の中に面白みがでてきて頭にも入りやすくなりました。

また、正答率の低いちょっとマニアックな問題にも対応することができ、

ライバルと点数の差を広げることができました!

 

 

②疑問を残さない

少しでも疑問に残ったことは

「?」のままにしておかない!

適当に覚えていると試験で出たとき後悔しますよ!

 

 

③志望校の出題傾向

志望校によって

どれだけ深い内容が聞かれるか、

どの時代がよく出題されるのか、

また、分野はどれくらいの割合で出題されるのか、

良く分析してから学習に取り組むことが大事です!

まだセンター対策終わってない、

志望校対策の時期じゃないなんて

言えません!

夏休みの間に

二次・私大を5年分解きましょう!

そして、出題傾向を掴み、学習の中に生かしてください!

 

 

私の意識していたことを3つあげましたが、

特に意識し、そして結果につながったと思うのは①出来事の背景を捉えることでした!

みなさんも参考にしてみてください!

 

錦糸町校担任助手 1年 高原優佳

https://www.toshin.com/form/moshi/todai_level/form/hs_form.php?school=%E6%9D%B1%E9%80%B2%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%8C%A6%E7%B3%B8%E7%94%BA%E6%A0%A1