トップリーダーと学ぶワークショップ(平井伯昌先生)(西村担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2018年 11月 10日 トップリーダーと学ぶワークショップ(平井伯昌先生)(西村担任助手)

こんにちは。

1年担任助手の西村美咲です!

最近毎日寒かったり暑かったりするから体調管理徹底してくださいね。

 

先月10月14日に、

競泳日本代表ヘッドコーチ兼日本水泳連盟競泳委員長で、

東洋大学水泳部監督の

平井伯昌先生による

トップリーダーと学ぶワークショップ

が行われました。

あのかの有名な

北島康介さん

を現役時代教えていた名コーチですね!

私も平井先生の話を聞かせていただいたのですが

私が受験生のときに聞きたかったなあ~…

という話ばかりでした。

 

今回の平井先生の話の中で

私が特に印象に残った言葉は

”「いつも通り」が一番難しい”

です。

模試の前や部活の大会の前など

結果を出したいときに緊張すると

よく「いつも通り頑張ろう」

と言いますよね。

でも、「いつも通り」を意識しすぎると

逆にいつもよりうまくできない…

そんな経験ありませんか?

”「いつも通り」が一番難しい”

そんな平井先生の言葉を聞いて

確かに…

と気づいたら話に聞き入っていました。

「いつも通り」やりたいけどできない

そんな時に大切なのは

「いつも通り」ってなんだろう?

と普段から考えて行動すること

そう平井先生はおっしゃっていました。

例えば

家に帰ってきて、

ご飯を食べて、

お風呂に入って、

歯磨きをして、

という流れは、順番は違ったとしても

それぞれの行動は毎日行う

「いつも通り」

のことですよね。

だから別にご飯を食べるのもお風呂に入るのも

緊張はしないし

毎日同じクオリティでできますよね。

ご飯を食べるのにクオリティなんてないかもだけど…笑

模試や受験本番、受験前日でも

「いつも通り」できたら、

100%の力でできたら、

合格って自ずと近づいてきますよね。

じゃあ勉強の「いつも通り」ってなんなんだろう?

それは人によって様々だと思います。

”勉強の際のルーティーン”

”過去問を解くときの決まりごと”

”寝る前のルーティーン”

自分にとって何が

「いつも通り」

なのか、

今一度考えてみてください!

 

錦糸町校担任助手1年 西村美咲