世界史の勉強法①(大竹担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2018年 8月 15日 世界史の勉強法①(大竹担任助手)

こんにちは!担任助手1年大竹です。

今回は題名の通り世界史についてお話しするのですが

世界史は範囲がものすごく広いですよね・・・

私も受験科目だったのでわかりますが、

出来事、人物だけでなく地名や場所、家系、貿易の流れや移民など膨大な量です。

だけどそんなこと言い訳にしていられない。世界史で受験する人は同じ範囲でやるのだから!

だから今回は世界史の必勝法をお伝えします!!

世界史の勉強の3鉄則

 

①大きいところ→細かいところを覚える

 

②復習を怠らない

 

③インプットとアウトプットの両方を大事に

 

それでは一つずつ細かく説明していきます!

一つ目!大きいところ→細かいところを覚える

いきなり一問一答などでマイナーな細かいところもコツコツ覚えても

量が多すぎて覚えるのが嫌になるだけです。

まずは最初に資料集や教科書、学校のプリントの太字になっている出来事、人物、国

を覚えて流れをつかみましょう!

私は原始時代~現代で分け、それぞれの特徴を把握し、

次に世紀ごとにどの国、どの家系、どの人、どの産品、どんな出来事が有名かを把握、

そして500年ごとのように歴史の波をみていました。

時代ごとに色々な国が出てきすぎてごちゃごちゃになる!という人は

その国だけの歴史=タテの歴史

を把握した後に年代ごとのヨコの歴史を見てみましょう。

こことここが繋がってるんだ!という発見があると思います!

そして・・・今回のテーマは少し量が多めになるので一旦これにて終了!

続きの②はまた後日発信します!

それでは次回もお楽しみに!!

錦糸町校担任助手 大竹

https://www.toshin.com/form/moshi/todai_level/form/hs_form.php?school=%E6%9D%B1%E9%80%B2%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%8C%A6%E7%B3%B8%E7%94%BA%E6%A0%A1