僕は今、東大に通っています。Part3(山本担任助手編) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2018年 9月 26日 僕は今、東大に通っています。Part3(山本担任助手編)

僕は今、

東大に通っています。

 

 

 

待望の第3弾!

センター試験まで

残り4ヶ月!

 

 

 

本番までの

大部分を占める

2学期について

少しお話しします!

 

 

 

 

「2学期は過去問!」

「2学期はとにかく演習!」

 

 

 

 

こんな話は、

聞き飽きたと思います。

 

 

 

 

このような話は

他の方にお任せするとして。

 

 

 

僕がお話しするのは、

「1点でも多く勝ち取るための

誰も気にしない心がけ」

についてです。

 

 

 

 

それは

「常に最善を尽くすこと」

です。

 

 

 

当たり前の

ことかもしれません。

 

 

 

 

それでもここから先、

これが非常に重要に

なってきます。

 

 

 

 

最善を尽くすのは、

勉強だけではありません。

 

 

 

全てにおいて

です。

 

 

 

忘れがちだけど

最善を尽くしたいこと①

センター試験出願

 

 

こちらは

もう学校でもらって、

書き始めてる人も

多いと思います。

 

 

 

 

ここでも、

ミスをしないように

まずはコピーをとって

練習する。

 

 

 

注意書きに

しっかりと目を通す。

 

 

 

 

 

当たり前のことかもしれませんが、

やりきりましょう!

 

 

 

 

最善を尽くすのです。

 

 

 

 

忘れがちだけど

最善を尽くしたいこと②

出願準備

 

 

・出願校を考える

 

・出願するかもしれない大学について、

 願書取り寄せ日を調べる

 

・手続きはいつまでに

 するのか、調べる

 

 

 

 

これらをやって、

万全の準備をしましょう。

 

 

 

 

はっきり言って、

面倒臭いことだと

思います。

 

 

 

 

それでも、めげずに

やりきれるかどうか。

 

 

 

 

最善を尽くしましょう!

 

 

 

 

 

 

なぜ、しつこいくらいに

「最善を尽くす」

ことを言っているのでしょうか。

 

 

神は細部に宿る

 

からなのです。

 

 

 

東大は、

小数点第位まで

点数が出ます。

 

 

 

 

 

つまり、

1万分の1点

だけの差で、

合否が決まることもあります。

 

 

 

 

 

僕の友達は、

0.03点差

合格した

らしいです。

 

 

 

 

 

この0.03点差は

どこから生まれるのか。

 

 

 

 

 

もちろん、

「最善を尽くしたかどうか」

だと思います。

 

 

 

 

1点の漏れもないか、

最後まで見直しを繰り返す。

 

間違いを見つけたら、

納得いくまで、

解き直す。

 

 

 

 

そういう地道な行動の

先に、”合格”が待っています。

 

 

 

 

合格は細部に宿る

 

ですね。

 

 

 

だからこそ、

ここからの4ヶ月で、

その姿勢を身に付けたい!

 

 

 

 

まずは第1歩として、

僕からは2つ。

 

「センター出願の注意事項を

もう一回見直しましょう!」

 

「出願するかもしれない

大学全てについて、

願書取り寄せ日を

調べましょう!」

 

 

 

今回のブログは、

これでおしまい。

 

 

 

さあ、今すぐに

行動を起こしましょう!

 

 

錦糸町校 山本豪