勝負の分け目はすぐそこ!(勝部担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2018年 7月 13日 勝負の分け目はすぐそこ!(勝部担任助手)

 

こんにちは!錦糸町校担任助手2年の勝部です!

梅雨が明けて、

本格的に暑いがやってきましたね…。

夏は受験の天王山

という言葉を聞いたことはありますか?

天王山の意味は、勝負の分け目、

という意味です。

つまり、夏は受験の勝負の分け目!

ということです。

 

ではなぜ、夏は勝負の分け目なのか、

私の実体験から説明します。

高校3年生の勝部さんは、

2年生でさぼってしまった蓄積で、

夏休み前はなかなか思うように点数が伸びませんでした

 

しかし、

夏休みの初めの夏期合宿をキッカケに

それまでにないほど勉強をしたんです。

もちろん開館から閉館までいました!!

はじめはお話にならないような得点を取っていたのですが

夏休みが終わるころには

質の高い学習習慣が身に付き、

点数も右肩上がりになりました!!!

今私が志望大学に通えているのは、

2年前の夏に本気になれたからだと確信しています。

 

しかしこのお話をすると、

「夏休みになれば本気出すから、

今はまだそんなに頑張らなくていいでしょ」

と言う生徒が多々います。

それは大間違いです!!!

 

思い出してみてください。

「あー今週末テストだけど、

まだ月曜だから大丈夫だよね。

水曜日から勉強しよう。」

と、考えていても

「うわ、水曜だ。

いやまだ明日もあるし…。

寝ちゃお!」

となって最終的に一夜漬け…。

このような経験はありませんか?

 

今まだ本気になれていない人

夏休みが始まったら、

「まぁ夏休み、

まだまだ先が長いし…

今日はお昼から行けばいいか」

こう言っている姿が目に浮かびます…(´;ω;`)

 

今から頑張らないと、

夏休みは実のあるものになりません!

人間、瞬間的に行動を変えることは困難です。

 

受験の天王山

勝ちたいなら今から

明日からではなく今日から

少しづつ、夏休みのシュミレーションをしたり、

できる日は必ず朝登校したり

夏に頑張る準備をしましょう!

 

錦糸町校担任助手 勝部未紗子