単語帳をしっかり活用!(小森 担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2019年 11月 16日 単語帳をしっかり活用!(小森 担任助手)

こんにちは、小森です。

今回は

英語の単語帳

について

お話したいと思います。

 

単語帳はもっていますか? 

高2生以下の皆さんは

これから単語帳を買おうと

思っている人もいるかと思います。

そこで私の単語帳の選び方を紹介したいと思います。

人によって選び方が異なると思いますが、

参考になれば幸いです。

 

1.書店で買いましょう。

現在、ネットでものを購入することが多いかと思います。

私もたまにアマゾンなどを利用しています。

しかし、参考書を買うときは書店で買ってください。

一番の理由として、

実際に中身を見てからどれを買うか選んでほしいからです。

 

ネットでは紹介写真として

いくつか中身が紹介されている場合がありますが、

全コンテンツを見ることはできません。

ですから、実際に書店に行き、

本を手に取り

どんなコンテンツがあるのか時間をかけてみてください

(この後、どんなコンテンツが良いか紹介します)。

 

それに加えて、

書店で購入することで

すぐにその単語帳を始めることができます。

 

単語帳を選んでいるときのあなたは

絶対にやる気に満ちているはずです。

ですから、購入後にすぐに計画を立て実行に移せます。

ネットで購入するとなると、

手元につくまでに時間がかかります。

何日も経ってしまった後では

あなたのやる気は半減していることでしょう。

最悪の場合、買ったことすら忘れているかもしません。

そのようなことを避けるためにも書店で購入するのが一番です。

 

2.中身をしっかり見ましょう。

単語帳の表面やバンドには

あなたを魅了するような文言がたくさん書かれています。

 

”二次対策はこの本一冊!”とか

”売上No.1”とか。

 

一見すると

とてもよさげな単語帳に見えるかもしもしれませんが、

そうとは限りません。

重要なのは中身です。

 

例えば、例文はついているか、発音記号は記載されているか、

類義語や対義語などは書かれているか、

音声はついているかなどなど。

 

3.毎日触れる

暗記は見る回数がカギです。

何回もその単語に出会うことで長期記憶となり、

覚えることができます。

一単語一秒のペースで見ていけば、

10分で600単語に出会うわけです。

これを何周もすれば、

一日にたくさんの単語を覚えることができます。

 

受験生は時間があまりないと思いますが、

最後まであきらめずに頑張りましょう。

高校1・2年生はこの時期でしっかり基礎を固めるべきです。

一日一日を大切にしていきましょう。

では!

 

錦糸町校 小森担任助手

 

 

 

 

 

 

個別面談はこちら

体験授業はこちら

料請求はこちら