受験生っていつから受験生になったんでしょう?(石井担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2019年 10月 20日 受験生っていつから受験生になったんでしょう?(石井担任助手)

 

もう気づいたら

大学のイチョウ並木から

銀杏が落ちていて臭いなーと思いながら

毎日足元に注意して、学内を移動しています。

そんなことはさておき

今回は題名にもあるように

 

受験生っていつから受験生になったのか

 

について考えてみたいなと思います。

 

普通、高校では高3生になると

学校の先生から、

 

「これからは受験生として、受験勉強を云々」

 

時々、高2生の3学期を高3生の0学期と位置づけて

同じようなことを言われる高校もあるそうです。

 

僕自身高校生の時に

そのようなことを先生から言われて、

「あぁ、そろそろ本腰入れて頑張らないとなぁ」と思い

そここから、受験生としての自覚を持って、

本格的に受験勉強を始めた気がします。

 

でも、今担任助手としての一年半の時間を振り返ってみると

 

「高3生=受験生」

 

って全然成り立たないなと

そもそも、互いの物差の対象が違うなと思いました。

 

それでは、

受験生っていつから受験生なのでしょうか?

 

それは、

『第一志望校を決め、

絶対ここに合格するという覚悟を決めた時

だと僕は思います。

 

すなわち、

大学で学ぶことを志し、

それに向けて勉強を始めた人から

受験生ということですね!

 

試験日は

同学年の周りの人と同じ日にやってくるけれど

スタートに日は人それぞれということは

 

合格するための大きな要素の一つとして

受験生としてのスタートを早めに切るということは

言わずもがなのことだと思います。

 

ですので、

 

「必ずこの大学に行きたい!」

「どことは決まってないけど大学に絶対行きたい!」

 

と決まっている方は

あと一歩

 

「受験生として行動をする。

(=受験に向けて勉強をする。)」

 

ということを実践して

早く受験生としてのスタートを切り

周りの人と差をつけましょう!

 

すでに受験生として

勉強している高1,2生は大勢います!

 
 

 

☟個別面談はこちら☟

 

 

☟体験授業はこちら☟

 

 

☟資料請求はこちら☟