受験生は「演習の秋」!〜志望校別単元ジャンル別演習〜(山本担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2019年 9月 6日 受験生は「演習の秋」!〜志望校別単元ジャンル別演習〜(山本担任助手)

芸術の秋。スポーツの秋。

食欲の秋。読書の秋。

色々な秋が思いつくと思いますが、

受験生は、何と言っても、

演習の秋

なのです!

まずは、何と言っても

過去問演習。

しっかりと10年分解いて、

第Ⅰ志望校の出題分野・出題形式・難易度などの

様々な傾向を分析します。

しかし、残念ながら、

それだけでは合格できる力を

十分に身につけることができません….

過去問を解くだけで、合格できるなら、

受験生全員が合格できる力を

身につけられるはずだから、ですね。

何が差を分けるのか。

それが、

得意伸長・弱点克服の演習

なのです!!

過去問演習を通じて、

①頻出の単元

②頻出の出題形式

③各問題の難易度(取るべき問題or捨て問)

などがわかると思います。

そうした傾向を元に、

対策を立てます。

例えば、

①頻出の問題なのに、苦手な分野は克服する

②得意な分野は、難易度の高い問題も解けるようにする

などですね

そして、そうした課題を克服するために、

演習

をするのです!

そして、演習の題材としてもっともいいのは、

全国の大学の過去問

だと思っています。

大学入試問題は、

各大学の選りすぐりの学問のプロ(いわゆる教授さん達)が

作問しています。

それが悪問のはずがない。

ただし、それを探すのは、

かなり根気と時間が必要です。。。

(出典:過去問データベース 2001東京大学-理系数学)

このような問題に苦戦したとして、

類題を探そうとなると、やはり手間暇が。。。

一応僕も探してみたのですが、

それがこちら。

(出典:2005北海道大学-理系数学)

これを探すだけでも、30分かかりました。。。

それをいちいちやるのは面倒くさい!

だけれども、類題を通して演習しないと力がつかない。。。

そんな時にオススメなのが、

「志望校別単元ジャンル別演習」

なのです!

過去の合格した先輩達のデータや、

自分自身の学習の履歴のデータ、

さらには過去問演習講座を作成するにあたっての

分析データなど、

様々なデータを用いて、総合的な学力診断を行います。

それを元に、一人一人にあった演習セットが用意され、

それを演習するだけでいいのです!

さらに過去の先輩達のデータから、

「演習にかかる時間」

「身につけるのに必要な時間の目安」

「取るべき得点率」

なども一目でわかるのです!

こうした様々なデータを元に、

「合格するための最短ルート」を計画し、

徹底的に演習しましょう!

合格するために、

受験生は「演習の秋」を!!

錦糸町校 山本豪

 

 

~~~~~~~~~~~~

2学期を先取りでスタートしよう!

 

☟個別面談はこちら☟

 

☟体験授業はこちら☟

 

☟資料請求はこちら☟