国語を学ぶ意味ってあるの?(橋本担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2020年 11月 15日 国語を学ぶ意味ってあるの?(橋本担任助手)

こんにちは!

最近冬に近づいてるせいか寒くて仕方がない

橋本です!

 

今日お話しするのは

 

皆さん一度は思ったことがあるであろう

国語ってやる必要ある…?

現代文ならまだしも

漢文や古文って将来全く使わないよね…?

研究しても意味なくない…?

 

この言葉は何回も言われましたね(^^;

 

正直私も日本文学科で今は学んでいますが、

書道がやりたいという目的以外無く、

古典をやる意味は分かりませんでした。

 

私今、授業で漢文をとっているんですけど

「中国の文学を読む意味とは」

ということを先生がおっしゃっていました。

 

「中国には日本より長い歴史があって、

そこから学ぶことは多いのです。

 

”歴史は繰り返される”というように

愚かな君子の話

聖君が成した業績の話

これらは昔中国で語られている。

 

温故知新という言葉があるように

古きを学ぶことによって

同じ失敗を繰り返さなくて済むようになるのです。」

 

だから私たちは歴史を学び、

文学を学ぶ必要があるのだと知りました。

 

それから私は温故知新を胸に

文学を学びそこから活かせることを

見出しています。

 

興味の有無はあるかと思いますが、

なにかに活かせると信じ、

学んでみてはいかがでしょうか

 

国のことを学んだり、

歴史を学んだりするのは

いいものですよ。

 

錦糸町校担任助手 橋本茉美子

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

渡辺先生特別公開授業の申込はこちら

東進の現役合格実績はこちら

  

入学申込はこち

体験授業はこちら

料請求はこちら