昨日よりも大きく踏み出す最初の一歩。(石井担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2019年 6月 26日 昨日よりも大きく踏み出す最初の一歩。(石井担任助手)

TOSHIN ENGLISH CAMP

僕は去年、8月ごろ(?)

大学1年生の時に参加してきました。

 

今日はそんなENGLISH CAMP参加期間中に

どういうことを学んだかということよりは、

参加してから学んだことをお話ししたいと思います。

 

実は僕参加する前は、

5日間で参加費分学べるのか

5日間参加するくらいなら某遊園地の年間パスポート

買った方が得なんじゃないか

という、

くだらない損得勘定ばかりしていました。

 

でも、参加してみてどんだけ愚かな考えだったのだろうかと、

くだらない損得勘定よりも、

 

いろんなことにチャレンジしてみる、

興味なくても行ってみることの大切さ。

 

昨日や今日、明日だけに対してどんな価値があるのかなんて

ちっちゃい考えじゃなくて、

人生に対してどんな影響があるかまで考えることの大切さを学びました。

 

損得勘定するくらいなら、その場の損得よりも、

自分の人生にとってどんな価値があるのかその可能性を考えるべきだなと。

 

まぁ何がお伝えしたいかというと、

 

ENGLISH CAMPに参加したからって、

英語が急に話せるようになるわけではないんですよ。

 

たしかに、コミュニケーションの上でちょっとした

テクニックは学べますが、

それだけで、話せるように劇的に英会話ができるわけではないですよね?

 

結局のところ何を得たのかって

外国語をもっと学ぼうと、

今まで以上にいろんな人と

コミュニケーションを取れるようになりたいと

そう思い、

参加した後自分の語学力をさらに成長させようと

さらなる努力をするキッカケを得ました。

 

僕は大学生としていったので、

高校生の時だったらまた違ったキッカケを得ていたと思います。

もっともっと高い目標を掲げ、

今までよりも勉強頑張ろうと、

日々の行動を変えるキッカケですかね。

人によってこれはそれぞれだと思います。

 

もしかしたら

日本で働くから英語は受験勉強程度でいいやって思ってても、

イングリッシュキャンプに参加したことによって、

海外で活躍したいと、

目標をさらに大きくできると思います。

 

もしかしたら

英語の勉強があまり捗らないタイプの人でも、

イングリッシュキャンプに参加したことによって、

まだまだ足りない、

もっとやらないとと思って、

さらなる努力をするキッカケにもなりえると思います。

 

月に行く目標が、

ちょっとしたキッカケによって火星を目指してみたり。

 

ふと始めたサッカー、

ひとまずインハイ予選突破を目標にしてたけど、

気づいたら海外でプロを目指してみたり。

 

親に言われたから始めた、受験勉強もいつのまにか

本気で東大を目指すようになっていたり。

 

 

そんなキッカケ僕はザラに転がってると思います。

そんな大きな飛躍のための最初の一歩踏み出せるか踏み出せないか。

ただそれだけのことです。

 

錦糸町校 担任助手 石井庸司