東進時代はこんな学習スケジュールでした!(大竹担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2020年 2月 13日 東進時代はこんな学習スケジュールでした!(大竹担任助手)

 

 

 

 

 

 

こんにちは、東進の大竹です!

 

今回は、

東進時代の私の

学習スケジュール

紹介したいと思います。

 

皆さんは、

何を意識して

学習スケジュールを

立てていますか?

 

私は

入試から逆算してやることを決める。

やり切れる計画を立てる。

 

この二つを心がけていました!

 

この二つを心がけるためには、

①’自分が今何をするべきなのかを

把握すること。

→週に1回計画を立てる際に

振り返りの時間を取っていました。

 

➁’一つ一つのタスク(受講や高速マスター等)

にかかる時間を把握すること

→詰め込みすぎた無理のある計画は、

結局ずれてモチベが下がるだけです!

 

この二つが必要です!

 

 

私は部活も高3の10月まで行っていたため、

どれだけ効率的に学習できるかが勝負でした。

 

1日の学習時間は以下の通りです!

 

勉強できない時間以外は、

すべて勉強時間にあてていました。

(色が塗られている時間が勉強時間です)

 

実際のスケジュール記録が以下の通りです!

 

 

 

学習スケジュールは手帳を使って立てており、

月ごとのTo doを別ページにリスト形式で記入し、

週間ごとのTo doを☝このページの【メモ欄に】記入し、

1日ごとのTo doを日ごとに記入する。

それぞれのタスクが完了したら、線を引き、終わったマークを付ける!

 

 

書いてあるTo doは

過去問や自習ツールも含まれているため、

分かりにくい部分もあるかもしれませんが、

 

計画の立て方・

心がけていたこと

 

はお伝えしたとおりです!

 

少しでも皆さんの勉強の役に立てたらと思います。

 

それでは!

 

錦糸町校 担任助手 大竹

 

 

 

 

個別面談はこち

 

体験授業はこちら

 

料請求はこちら