模試の判定はあくまで可能性(橋本担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2020年 10月 7日 模試の判定はあくまで可能性(橋本担任助手)

こんにちは!

後期の授業が始まり、

金曜日の19:30~の授業を受けるために

大学へ行っています!

 

すごく静かで面白いですよ^^

 

さて、本日お話しするのは!?

模試で出た判定どのくらい気にします??

って話です!

 

私は今は晴れて第一志望校の

國學院大學に通っていますが、

判定に余裕をもって合格したわけではありませんでした。

 

なんと

12月最終模試

E判定

 

私は本当に焦りました。

私は受かる資格も可能性もないんだと思い

諦めかけました。

 

そこで当時担任助手だった方の

経験談を聞きました。

 

どうしてもここの大学に受かりたい。

他のどの大学を見ても第一志望以外

行きたいと思えない。

ここで変えたら後悔するなと思ったから変えずに、

最後まで過去問を解いて

その志望校のプロになって

無事合格したということ

 

私はその話を聞いて

絶対やめない。

最後まであきらめずに受験しようと決めました。

 

私の結果が出たのは

今でも忘れない2/23

後期試験の2日前

 

補欠の一時発表で合格が出ました。

私は繰上り候補者になった瞬間

後期試験の勉強を始めました。

 

諦めず國學院を一心に追い続けた結果だと思ってます。

 

私がお伝えしたかったのは、

第一志望校へのこだわりがあるなら

模試の結果に惑わされるのではなく

何が苦手でどう克服するのかだけを考え、

邁進しましょうよ

 

それに

第一志望校の合格に関わるのは

私大の場合

第一志望校の問題のみですから!

第一志望校の過去問の分析をしっかりして

少しでも合格の可能性を上げていきましょう

 

模試だけでなく

志望校過去問でね

 

錦糸町校 担任助手 橋本茉美子

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東進の現役合格実績はこちら

個別面談はこち

体験授業はこちら

料請求はこちら