為せば成る、為さねば成らぬ何事も(石井担任助手) | 東進ハイスクール 錦糸町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 1月 20日 為せば成る、為さねば成らぬ何事も(石井担任助手)

皆さん共通テストお疲れ様でした。

多くの方が、このタイミングで決断に迫られている時期だと思います。

僕は最後までみなさんの背中を押すことができればと思っています。

「為せば成る、為さねば成らぬ。成る業を成らぬと捨つる人の儚さ」

今日はこの歌を皆さんに送れればと思います。

 

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」という言葉は

みなさんよく耳にしたことがあるとおもいます。

実はこの格言には、2通りの続きがあります。

一つは江戸時代に米沢藩主の上杉鷹山が家臣に

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、

成らぬは人の為さぬなりけり」

というを詠み与えました。

意味としては、

「何かを為し遂げようとする意志があれば、

何事も達成することができる。

達成できないのは、為し遂げようとする意志がないからだ」

という意味です。

そしてもう一つは冒頭にも紹介した歌です。

「為せば成る、為さねば成らぬ。成る業を成らぬと捨つる人の儚さ」

こちらは戦国武将武田信玄が詠んだ歌です。

こちらの意味としては、

「努力すれば必ず実現できる。 努力すればできることであっても、

最初から無理だと諦めてしまうところに、人の弱さがある」

という意味です。

自分がどう思ってるかについては、

多くは語りません。

最後まで自分が志した目的地から目を逸らさず、

チャレンジし続けて貰えればと思います。

錦糸町校担任助手 石井庸司

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東進の1日体験はこちら

東進の現役合格実績はこちら

 

入学申込はこち

体験授業はこちら

料請求はこちら