留学体験記③授業編(大竹担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2018年 10月 13日 留学体験記③授業編(大竹担任助手)

こんにちは!担任助手1年の大竹です!

今回はアメリカでの授業の様子や内容をお伝えします!

アメリカでは

Writing・Grammar・Oral Communication・Reading・Converation

の5つを勉強していました!

私の中で一番楽しかった授業はConversationで、

ニュース番組を作る授業でした!

テレビで放送されているニュースのように本格的で、

自分でテーマを決めそれぞれでイントロダクションやインタビューをし、

編集して一つのニュース番組にするという内容です!

実際にテレビ局のスタジオに行ったりもしました!

この留学期間でしかできないか経験だったので

本当に受けてよかったと思える授業でした・・・!

私が授業を受けていて一番日本の授業と違うと思った点は、

アメリカでは全生徒の意見を聞く、発表させるというところです。

日本は計画的に授業を進めるため

一つのテーマについて2~3人発表したら次に進みむことが多いですが、

アメリカは違くて、

その日の授業で発表が終わらなくても次回の授業で発表します。

そして、もう一つ。

これは授業というよりは人の違いで、意思表示がはっきりしていることです。

みんな自分の考えを持っていて、

たとえ分からない問題に当たったとしても分からないとは言わず

自分で考えたところまでをきちんと言います。

授業を受けていて日本と違うなあと思った点は以上の2点です。

↓↓↓大学はこんな感じで、

広すぎてキャンパスに移動するのが大変でした・・・

でもゆったりと落ち着いた雰囲気で

勉強するには最適の環境です!

次回は異文化交流活動についてお伝えしたいと思います!

お楽しみに!

錦糸町校 担任助手 大竹亜実