頑張れ未来の早大生!慶大生!(山崎担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2018年 7月 15日 頑張れ未来の早大生!慶大生!(山崎担任助手)

みなさんこんにちは!担任助手の山崎です!

 

早慶志望のみなさん、勉強順調にすすんでいますか?

このままの学習量で4月早稲田、慶應に入学できそうでしょうか!!

 

きっと、「成績が伸びない」「時間がいくらあっても足りない」と各々さまざまな悩みを抱えていると思います。

そこで今回は、夏休み前ということで、

早慶合格のための夏休みの勉強ポイントを紹介したいと思います!

 

其の一:苦手科目・未習分野を克服するならラストチャンス

其の二:得意科目はとことん伸ばし切ろう

其の三:過去問演習を主軸に置くべし

 

まず其の一に関してです。

みなさん、苦手科目・未習範囲はありますか?

例えば文系で、「古文が苦手」「日本史の通史がまだ終わっていない」という人はいませんか??

夏休みは苦手科目・未習範囲をやりきるラストチャンスです。

 

早慶で出題される問題は、基本的な範囲(センター試験レベル)はもちろんのこと、資料集にしか載っていない重箱の隅をつつくような問題も出題されますね。

ということは、少なくとも基本的な範囲が夏休みまでに克服・インプットできていないと、夏以降の学習にかなり響いてきます。

東進生は8月末にある、センター試験本番レベル模試でAラインを取るために勉強しています!

つまり、受験で使う科目の基礎レベルは夏休み中に完璧にしよう。ということです。

 

そして其の二:得意科目に関して。

早慶志望のみんなの中には、英語はすでに180点以上安定して取れている。とか、物理と化学は範囲が終わっていて、センター試験レベルは大丈夫。という人もいると思います。

その人たちは

①応用レベル(早慶レベル)のインプット

 ②ひたすら問題演習(基礎レベルのアウトプット)

を徹底的に行いましょう。

得意分野に関しては、周りにどんどん差を付けて行こう!ライバルのレベルはとても高いですよ!

 

そして其の三:過去問演習に関して。

其の一と二でも触れたとおり、どの分野の学習でも、インプット→アウトプットという流れを取っていきましょう!

そこでみなさん第一志望校の過去問演習、したことありますか?

過去問というのは、「この問題が解けるように学習すれば合格できる」という道筋が明示されている

『合格のための虎の巻』のようなものです!

 

過去問演習は夏休み以降、と思っている人も多いと思いますが・・・

第一志望校の過去問は、最低10年分×3周はこなさなければなりません。

早稲田文系だと、英語90分 国語90分 地歴60分 計4時間。プラス復習時間を入れて最低でも計7時間かかります。

7時間×10年×3周=210時間。。。

さらに、第一志望校しか受験しない人はいないと思います。

併願校の過去問も必ず解かなければなりません。

 

長々と話しましたが、早慶志望の場合、第一志望の過去問演習は、

8月中に10年分1周は必ず修了させましょう。

 

そしてただ解くだけでなく、重要なのは分析』

受験する大学の出題傾向をきちんと分析して、合格への最短経路を探しながら学習しましょう!!

 

この受験の天王山を乗り切り、早稲田大学・慶應大学に合格することを、切に願っています。一緒に、受験勉強を乗り切って行きましょう!

 

錦糸町校 担任助手 山崎稜太