好きなものってなんであんなに覚えられるんだろう、と考えてみるけど特別、暗記法は変えてないだろうから大切なのは気合なんだろうか。 (佐藤担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2019年 7月 6日 好きなものってなんであんなに覚えられるんだろう、と考えてみるけど特別、暗記法は変えてないだろうから大切なのは気合なんだろうか。 (佐藤担任助手)

どうも、佐藤です。

 

今回こそはぱっと

要点だけ伝え切ってやりますよ。

なので無駄話はカットしていきます。

 

今回は文理関わらず、

普遍的に通じるお話。

 

「暗記」

 

これです、大変ですよね、

覚えること多くて。

それはよくわかりますが

目を背けられないのも確かです。

 

先に言っておきます。

 

暗記=記憶

とは少し異なります。

 

私が言いたいのは

暗記=理解

の意味合いが強いことです。

 

では実際の方法について説明しましょう。

 

理解した、ということは

人に説明できる状態であるべき。

という考えに基づき、

 

実際に記憶したものを

1分間で何も見ずに説明してみる。

 

ここで出来ないことは

まだまだ理解しきれていない点と言えます。

 

一回やっただけで

覚えられれば苦労しないですし、

そののちに使えるものにする、

という視点まで持つべきです。

 

そのために人に聞かれたら、

私/僕はこう答える、

というものを確立してください。

 

そうすれば穴埋めだろうと、

記述であろうと戦えるでしょう。

 

あくまで個人的な方法なので成果は保証しかねます

 

もちろん、

他にもっといい方法もあるかもしれないです、

なのであるよっていう人は是非教えてください。

 

まあ人が有利になるものを自分からさらけ出すのは、

相当余裕ある人かと思いますが。

 

錦糸町校 担任助手 佐藤 太梧