9月 | 2020 | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ 2020年09月の記事一覧

2020年 9月 27日 模試って一喜一憂するよね(江原担任助手)

こんにちは!

就活も落ち着き、

大学の勉強に追われている江原です!

 

秋になり、

模試や過去問を

頻繁に受けることが多くなり

一回一回の結果に

一喜一憂する日々だと思います。

模試や過去問は

あくまでも練習・傾向を知るためだと

忘れないでください。

現状が良くても悪くても

受験当日の結果が受験のすべてです。

残酷ではありますが・・

すでにいい成績の人は、

自分自身の武器や不得手を知り

志望校の傾向と照らし合わせて

計画し勉強していきましょう。

 

現状、志望校にまだ届かない人は

志望校の分析を徹底し

志望校に合わせて特化型の勉強など

自分なりにどう行動すれば

合格まで導き出せるか

考え行動に移していきましょう。

 

東進のスタッフは自分自身で合格を勝ち取り

また、自分の生徒を合格に導いてきたスタッフです。

 

不安や悩みごとがあるなら

いつでも受付まで声を掛けにきてください。

 

錦糸町校担任助手 江原昌秀

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東進の現役合格実績はこちら

個別面談はこち

体験授業はこちら

料請求はこちら

2020年 9月 26日 軸のお話(山崎担任助手)

ヤッホ〜

みなさんこんにちは、山崎です。

 

最近肌寒くなってきましたね。

なんと次あったかくなる頃には

 

高3のみなさんはもう大学生

という時期に差し掛かってきました。

 

 

さあみなさん、今なんの勉強をしているでしょうか。

受講?過去問?参考書??

それぞれやっていると思います。

 

最近

「受講が終わってないので過去問できません」

「共通テスト終わってないので二次の過去問できません」

校舎でよく耳にします。

 

が、しかし

 

もうそんなこと言ってられる時期ではありませんよ!

 

そもそも、

受験勉強の軸=二次私大の過去問

です。

 

全てはこれで点数をとるために勉強しているのです。

 

だって大学から

これが解ければ合格だよ?

て教えてくれているのですから。

 

もう夏も終わり10月になります。

12月にもなれば、共通テスト1ヶ月前の追い込みをしなければなりません。

共通テストが終われば、すぐに私大の入試が始まります。

 

お気づきになりましたか??

 

第一志望、はもちろん、併願校の過去問も

11月末までにやりきらなければならないのです。

 

ま〜〜〜〜じで時間ないから!!!

 

まだ取り掛かってない人は

今すぐにでも二次私大の過去問演習を始めてください。

 

受講も共通テスト対策も参考書も

全ては受験勉強の軸

過去問演習

で点数を伸ばすためのツールです。

 

まずは敵を知る。

それを攻略するためのレベル上げがその他の勉強です。

 

レベルを上げ、何度も何度も練習するのが過去問演習なんです。

 

さあ泣いても笑っても残り半年。

 

このブログを最後まで読んだあなたの受験は

きっとうまくいく!!

 

錦糸町校担任助手 山崎稜太

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東進の現役合格実績はこちら

個別面談はこち

体験授業はこちら

料請求はこちら

 

2020年 9月 25日 合否は気から……?(副嶋担任助手)

こんにちは!

 

なんか、久しぶりな気がします笑。

副嶋です!

 

今回はみなさんが良く気になる

模試の判定のことを

お話したいと思います!

模試では受験者の点数を比較して

志望校にどれくらい受かる

可能性があるのかが

判定として出ます。

 

多くの皆さんが、この判定で

一喜一憂しているのを目にします。

 

突然ですが、僕は合格する受験生には

2タイプいると思っています。

1つ目は1,2年生の頃から

コツコツ勉強して

確実に受かるだろうと思われる生徒。

 

2つ目はスタートは早いとは言えないが

やるべきことをしっかりとやって

さあ試験本番、受かるか否か??

という生徒。

 

もちろん前者の方が理想ではありますが

そんな人は少ないでしょう……。

 

大勢の皆さんが後者で、夢に向かって、難関校に挑戦します。 

試験時間が終わる最後まで

受かるか分からない。

 

模試の判定の話に戻りましょう。

模試はあくまで通過点です。

試験当日まで勉強し続ければ

点数は伸びます

 

僕は現在、早稲田大学 文化構想学部に

通っていますが

 

模試の判定は最高でD判定でした。

それでも自分は受かるために

どうすれば良いのかを

日々考え、勉強していました。

 

判定が思うようなものでなくても

試験本番、得意な問題が出て

合格する……

なんてこともあると思います

(その逆も然り……)。

 

大学受験において、やはり大切なのは

勉強だけでなくメンタルだと思います。

 

目の前の判定をどう捉えるか

 

良くない判定だっから

もうダメなのか

それとも足掻いて努力するのか

 

少しのことで結果は

変わるのではないでしょうか……。

 

判定はあくまで可能性です。

最後まで諦めなかった人間が

合格を勝ち取ることができると

思います。

それは試験までの日々もそうですし

試験本番中でもそうです。

是非頭の片隅に置いておいてください😁

 

 

最近寒暖差も激しいので

皆さん、体調にお気をつけて!

 

錦糸町校担任助手 副嶋俊種

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東進の現役合格実績はこちら

個別面談はこち

体験授業はこちら

料請求はこちら

 

2020年 9月 24日 いつやるか?今でしょ!(浅井担任助手)

こんにちは!

もう九月も後半に入り

夏も終わりなんだなあと感じてしまいますね、、

 

突然ですがみなさん

毎日勉強できていますか??

高校3年生のみなさんは

言わずもがな勉強していることでしょう

ということで

今回は

特に高校1,2年生の皆さんへ向けての

内容になっています、、!

 

まず、受験生という定義について

高校3年生になってから

というイメージの人も

多いのではないでしょうか?

 

私がお伝えしたいのは

受験勉強を始めたその日から

あなたは

受験生である!

ということです。

 

林修先生のお言葉にも

“受験にはフライングもスピード違反もない。”

というものがあります。

 

とはいっても

受験生としての意識

が本格的に芽生えてくるのは

高校2年生の冬くらいなのでしょうか?

(一般的に?)

だからこそこの時期というのは

そういった並の高校生に

アドバンテージを作る

チャンスの時期」

だと考えてほしいです!

 

なので皆さんは

高校3年生に上がってから

焦って勉強を始めるのではなく

今から計画的に学習する習慣をつけて

おくべきだと思います!

 

 

私自身も、受験勉強を始めてすぐの時期は

それまで勉強をしてこなかったので

それまでの生活とのギャップが大きく

慣れるまで大変でした、、

「もっと早く始めていれば、、」

とよく考えていたものです笑

 

だからこそ

この記事を読んだみなさんには

勉強の早期開始として

毎日登校・毎日受講

をぜひ続けてほしい!と思っています!!

 

といった感じで

今回は終わろうと思います(^^)/

季節の変わり目ですし

体調管理には気を付けたいですね。。

最後までお読みいただき

ありがとうございました~

 

 

錦糸町校担任助手 浅井優希

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東進の現役合格実績はこちら

個別面談はこち

体験授業はこちら

料請求はこちら

 

 

2020年 9月 23日 現役生の底力(山崎担任助手)

皆さん御機嫌よう

担任助手の山崎です。

 

すっかり涼しくなりまして

本格的に秋の到来ですね

 

さて、8月の共通テスト模試が終わりました。

皆さん結果はどうだったでしょうか。

 

まず僕が思うのは

「夏以降、受験生の伸び、半端なくね?

って事です。

 

 

僕が受験生活の中で一番

『伸びたなあ』

と感じたのはやはりこの時期

 

特に

”センター前1ヶ月”ですね。

最終センターから100点くらい伸びましたね、

900点中

 

そこまでももちろん

血の滲む思いで勉強はしていましたよ

でも違ったんです。

参考書をとにかく暗記する積み上げ型の勉強では

正直なかなか伸びない。

 

センターまで泣いても笑っても約半年

誰しも焦ります。

この焦りが実は大事

そして勉強面で重要なのは、やはり

逆算型。

 

過去問を解き

目標点を取るために何をすべきか、

どうしたら良いか

飽きるほど考える。

特に共通テストなんて、

どの形式かもうわかっているのですから。

 

間に合わせるためには、

悔いのない受験生活を送るには

入試本番のその日まで

とことん最短経路をたどるしかないんです。

 

要するに

我武者羅に勉強するだけじゃ

受かんねえ!

ってことです。

 

勉強してる時間はとにかく集中

大事なのは、

問題を解いた後

休憩中で勉強をしていない時でさえ

 

最短距離で点数を伸ばすために何が必要か

 

”考えること”

 

今自分がやってる勉強を

 

”疑うこと”

 

です。

 

焦りからくるこの

効率思考

それが直前期の伸びに繋がります。

 

 

考え疑うという武器を持って

常に軌道修正しながら

自分で自分を正しい道に導いてあげてください。

 

しかも今年は、

単元ジャンル別演習

なんて東進生ならではの最強ツールがありますよね??

これはまさに、みなさんを

最短ルートに誘ってくれるもの。

 

 

みなさんにはたくさんの味方がついています。

自信を持って最後まで突き進もう!

 

 

みなさんの笑顔あふれる

春が訪れる事を祈っております。

頑張って!

錦糸町校担任助手 山崎稜太

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東進の現役合格実績はこちら

個別面談はこち

体験授業はこちら

料請求はこちら