模試の復習はなぜするのか(廣瀬担任助手) | 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2020年 5月 3日 模試の復習はなぜするのか(廣瀬担任助手)

こんにちは!

 

担任助手の廣瀬登弥です

 

皆さん、先月の26、27、28日に行われた

共通テスト本番レベル模試

は受験しましたか??

 

なるほど、しましたか~。

 

それでは

復習

はしましたか??

 

してない人、やっぱりいますよね~。

 

かく言う僕も東進に入学するまでは

模試の復習なんてしたことありませんでした🙅

 

何故していなかったのか考えてみると、

復習をする意味

がはっきり分かっていませんでした。

 

なので今日は自分なりに、

復習の必要性・意味

 

を話したいと思います

 

復習の必要性・意味とは

自分の弱点を明らかにする、問題の傾向を知る

などももちろん大切ですが

僕が受験勉強を通して感じた一番の意味は

 

自分の間違いを強く記憶に残せる

 

ということです。

 

そうしておくと

次に同じ分野の問題を見たときの

見え方がまるで違います。

 

そこでもう解けるようになってしまえば最高です

が、

そう上手くはいかず、また間違えることも当然あります。

 

ですがこの時期ならば、

一度復習したら次は絶対間違えちゃいけない!

なんて気を張りすぎず、

これ前にも間違えたやつだ。。

と思い出して悔しがれればいいです👍

 

この先本気で勉強していけば、

受験当日までに何度も同じミスをする機会があるので

本番にはもう間違えないでしょう

 

これを心にとめて

大学合格基礎力判定テスト5/24(日)

早慶上理・難関国公立大模試5/31(日)

全国有名国公私大模試5/31(日)

はしっかり復習してもらえたら

と思います!

 

復習方法も紹介しようかと思ったんですが、

どうせするならしっかりしたいと思ったので

またの機会にします👍

 

健康第一!

体調には十分気を付けて

勉強頑張ってください!

 

 

錦糸町校 担任助手 廣瀬登弥

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東進の現役合格実績はこちら

個別面談はこち

体験授業はこちら

料請求はこちら