直前期の自分を支えた言葉(廣瀬担任助手) | 東進ハイスクール 錦糸町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール錦糸町校|東京都

ブログ

2021年 11月 16日 直前期の自分を支えた言葉(廣瀬担任助手)

こんにちは!

ヒロセトウヤです

大学入学共通テストまで

ちょうど2か月ですね…!

 

模試や普段の勉強で落ち込んだり焦ったり

することもあると思いますが

本番まであと2か月なら

やれることはまだまだあります

 

最後まであきらめないことが大切です😌

 

2年前は僕も東進に通っていたわけですが

この時期なんかはそれまでより

友達と話すのも控えるようにして

一人でいる時間が増えた時期でした

 

そんな時期に僕がモチベーションに

していた言葉のお話を今日はします

 

それは

「助けてくれるのは、今頑張っている自分」

という言葉です

 

この言葉は

 

不安と緊張を抱きながら迎える入試当日に

自分をその不安から解放してくれるのは

担任助手でも学校の先生でも神様でもなく

今この瞬間に頑張って勉強をしている自分だと、

入試本番まで自分が積み上げてきたものが

自信となり実力となり最後は自分の一番の味方と

なってくれるということだと

そう解釈しました

 

一人で勉強を頑張っていた当時

友達と休憩しにいきたいなあとか

ふと自分に甘えそうになる時が多々ありました

 

でもそんなときはこの言葉を思い出すと

自分に甘える気持ちがスパッと

断ち切れる感覚がしました

 

大学受験の格言的なものは沢山ありますが

自分にはこの言葉が唯一深く印象に残り

受験期の自分を支える言葉となりました

 

言葉以外にも、

自分のモチベーションを

上げてくれるものはいろいろあると思います

 

逃げたくなったときは

そういったものをうまく活用して、

残りの時間を悔いのないものにしてください😉

 

錦糸町校担任助手 廣瀬登弥

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【12月17日実施】特別公開授業はこちら

東進の1日体験はこちら

東進の現役合格実績はこちら

 

入学申込はこち

体験授業はこちら

料請求はこちら